七日の王妃3話「愛の誓い」を動画視聴したのでネタバレを紹介していきます~

また3話について見どころや感想もあるので最後までご覧ください(^^)

 

七日の王妃2話では、

チェギョンとヨク(チンソンテグン)はお互いの身分がわかり、婚約の話が進んでいるとわかります。

チェギョンは家族のためにとノリノリですが、ヨクは反発。

チェギョンが盗まれた文をとりに行くためヨクと一緒にある村へ。

米泥棒でもめているところを助けます。

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

七日の王妃3話「愛の誓い」のネタバレ!

先王の遺言書(密書)がトンジョクチョン村にあると情報が入り、その村にヨクがいることを知りますが・・・

七日の王妃3話のネタバレはこちらから。

雨乞い

「やはり私は王子様と婚姻したいです」

と言われたヨク。

そこにソノが来て返事がもらえませんでした。

 

「シン・スグンの息子になれ。そうすれば命は助けてやる」

と言われた王の言葉を思い出しますが…

 

王宮では、なかなか雨が降らず日照りに苦しんでいる国。

そのためユンは前例のない王が雨乞いをすることに。

 

その頃チェギョンたち3人もオウサンショウオを使って雨乞いをしていました(笑)

 

そこへソノの父親とおばあちゃんが帰ってきます。

ウェルカムモードじゃなかったので2人は帰ることに。

 

ソノの父親は密書に関わっているみたいです。

 

婚姻しよう!

ソノの父親と関わってしまったところが見られたため、命を狙われるはめになってしまったヨクとチェギョン。

ヨクはすぐに怪しい男たちに気がつきチェギョンの手を引っ張り逃走!

 

怪しい男たちが追いかけてきます。

 

物陰に隠れた2人。

チェギョンはヨクの手をとり見つからないようにします。

怪しい男たちが迫ってきて、ヨクは不安がっているチェギョンに

「心配するな」

と頼もしい~

 

絶対絶命!

ですが丁度良く雨が降ってきたため町中大騒ぎ。

王宮の側近たちも、王も大喜びです。

 

王妃(チェギョンのおば)がテビ様に呼ばれます。

チェギョンとヨクを婚姻させるために力を貸してほしいとのことでした。

 

一方ユンはトスンジに

「そなた以外は信用できぬ」

と言って、だから弟を婿にしようと提案したんだと言いますが、もちろんトスンジも乗り気じゃありません。

 

そんな中密書があると思われていたところに、ヨクがいたとユンの耳に入ります。

 

雨宿りしているチェギョンとヨク。

チェギョンの優しい言葉に耳を傾けるヨク。

「私に惚れたか?」

と言われ、チェギョンはごまかします(笑)

 

雨が上がり、チェギョンが靴擦れしていたためヨクがおんぶを。

2人はとても楽しそうに会話します。

 

いつの間にかヨクも楽しそうです。

「婚姻したら一生友達のように過ごそう」

「婚姻しよう。政略ではなく、お前が好きだからだ」

と言います。

 

密書の在り方

ソノの家にあの怪しい男たちが来て…

 

あたりが暗くなり、チェギョンを家の前まで送ってくれます。

そこでチェギョンは「何か証を」

として自分がしていた指輪をヨクに。

 

いい感じのところでソノが来て、

米泥棒した自分の代わりに父親が連れていかれたと泣きながら来ました。

 

ヨクは自分がなんとかすると言って帰りますが…

 

ソノのお父さん、マッケはユンに捕まっていました。

拷問を受けています。

 

「チンソンテグンがなぜお前の家にいた?」

「チンソンテグン様は何も知りません…あ!」

引き続き拷問を受けます。

 

チェギョンが持って帰った文を開いたトスンジ。

そこにはチェギョンが王室に嫁げば朝廷と王室が血に染まるという予言が書いてある内容でした。

 

結ばれてはならぬ運命。

 

米泥棒から事件が大きく発展

翌日ヨクは朝一番にチェジョのところに。

米泥棒のために捕まえたと言われます。

そしてその罪は大きく、王様は許さないでしょうと…

 

王側近の尚宮は、ヨクをそそのかすためにシンピョと呼ばれる王命を使える札を持たせ、わざと拾わせます。

 

チェギョンはソノの家に。

するとおばあちゃんは亡くなっていて、父親が帰ってこず何もすることが出来ないソノ。

チェギョンは自分のせいだと走り出します。

 

ヨクは王命の札を使ってソノの父親を助け出します。

ソノとチェギョンも加担します。

 

チェギョンの親せきが引っ越すからと、ソノたちを一緒に行かせ、安全に逃す手助けをしました。

 

一方ヨクは捕まってしまい、罪人を逃すという罪を犯してしまいます。

ユンが剣を向けますが…

 

スポンサーリンク

七日の王妃3話の感想

七日の王妃3話の感想です。

 

ソノとせっかく友達になった2人でしたが別れが早かった(^^;

たぶんソノも後々大切になるキャラなんでしょうね。

ソノのお父さんはすぐにチンソンテグンだと見抜いたんでしょう。

追い払ってましたから。

 

王の耳にもソノの父親が密書のありかを知っているキーマンになることがバレてましたがめっちゃ今さらじゃないですか?

謎なんですけど(^^;

遅すぎて。

 

幼い2人(チェギョンとヨク)はめっちゃ可愛かったですね。

淡い思い出的なのがスゴイ(笑)

綺麗な草原?の中で話をして、そこからおんぶで結婚しようと話して。

ロマンス街道まっしぐらですよね。

 

目でも楽しめるなって思いました~

日本じゃなかなかあそこまでキレイな風景ないと思いますし。

川もめっちゃキレイです。

 

ユンのところにはテジョという厄介な男が登場してますね。

またこの男が野心のためもあってヨクをなんとかして王宮から追い出そうとしていてかなり邪魔(笑)

 

ユンが小さい頃から世話していたみたいなんですが…

その分ユンもテジョのことを信頼しているんでしょうね。

 

ユンとヨクとの溝が益々深まってしまった3話でした。

ヨクは自分の力の無さに愕然としたでしょうね。

逆にユンは刃向かってくるヨクがイヤだったでしょうし、疑いが募ったでしょう。

 

いよいよ4話は大人バージョンになるのでパク・ミニョンちゃんが楽しみ♪

 

七日の王妃3話のみどころ

七日の王妃3話のみどころはもちろんヨクがチェギョンに「婚姻しよう」

と言ったシーン。

 

いやあ~爽やか!韓国ドラマではまれにみる爽やかさ!

チェギョンも嬉しそうだったし、恋に落ちるのって一瞬だなってはかなさまで感じれるいいシーンでした。

スポンサーリンク