七日の王妃4話を日本語字幕で視聴しました!

やっぱり字幕の方が良いですよね(^^)

4話「ふたりだけの証」についてネタバレはもちろん、感想や見どころも紹介しているので最後までご覧ください。

 

七日の王妃3話では、

ヨクとチェギョンはイイ感じになり、「婚姻しよう」となります。

ですが仲良くなった友達ソノの父親が米泥棒の罪で捕まってしまいます!

実際は先王の遺書、密書の在処を知っている重要人物だったためですが…

 

ヨクとチェギョンはソノのためにと父親を逃がす手助けを。

ヨクがそのことに関わったと知った王のユンは怒り度マックス!

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

七日の王妃4話「ふたりだけの証」のネタバレ!

ヨクが密書のことを知っている男を逃がしたと知ったユン。

疑念が益々確信に変わっていきます。

王に頼みに行ったチェギョン つかの間の再会

「私を退けて自分が王になろうと言うのか!?」

と激怒したユン。

 

チェギョンはチンソンテグンが投獄されたと知ります。

謀反(むほん)に当たる罪を犯してしまったのです。

このままでは朝廷も大ごとになり、王様は弟を捨てるだろうと予想している父シン・スグン。

 

王付き尚宮の思い通りになってしまいました!

予想通り状況は進んでいて、ユンがヨクを殺したくなる気持ちが益々強くなるだろうと思います。

 

チェギョンは捕まったヨクのことがどうしても気になり、両親に黙って皇宮へ。

 

臣下たちはチンソンテグンを許してくれと3日も座りっぱなしで王に向けお願いしています。

 

チェギョンは上手く城の中へ。

しかしユンにぶつかってしまい、剣を向けられます!

「余が知っておる」

「王様?剣士様じゃ…」

「また会ったな」

「誠に王様なのですか?」

 

チェギョンに再会して嬉しそうな顔のユンでしたが、すぐにチェギョンが土下座して許しを請います。

 

「どうが一度だけお許しください」

とお願いしますが、許すわけにはいかないと状況は厳しいです。

 

チェギョンは弟を想う良心に訴えますが…

 

チェギョンをかばうヨク

そのころ父のトスンジは、ヨクを救う代わりにチェギョンを罰するための上訴があると言います。

ヨクはそのことを知り、チェギョンを守ろうと、全ては自分が企てたことだと言います。

「王子様に借りをつくります」

とトスンジ。

 

チェギョンはまだ王の前に。

そして2話で貰っていた、次に会った時は願いを1つ聞いてやろう

と書かれていた紙を出しました。

 

そこでユンは、チンソンテグンは悪いことをしておらず、全てチェギョンが悪いと書かれてある例の上訴を見せられました。

 

2人の元へヨクが。

わざとチェギョンが悪いかのように言いました。

チェギョンはヨクが自分に罪をなすりつけようとしたと思い込んでしまいました。

 

「命だけはお助けください」

とヨク。

もう王子という身分は捨てると言うのです。

指にはまだチェギョンから貰った指輪が。

 

流刑になったヨク

朝廷でチェギョンは涙を流しながら、ヨクのこと、家族のことを想い、

「知りません。身に覚えがありません」

と答えました。

 

「そうです。私が全てやったことです。罰を受けます」

チェギョンは王子様がかばってくれたとわかりました。

 

テビ様は「このことは忘れぬからな」とチェギョンに激怒。

 

テビ様はユンに会います。

ですがヨクばかりを想う義理母だと落胆し、憎悪に変わります。

今後親子の縁も兄弟の縁も切ると言いました。

 

ヨクは流刑になりました。

兄との思い出を思い出しながら王宮を出ていきます。

 

チェギョンに見送ってはいけないと言う両親でしたが、チェギョンは急いで向かいます。

「私は死んだりしない。すぐに戻ってくる」

「行かないでください」

そして戻ってくる約束だと水差しを貰ったチェギョン。

 

「王子様を待ちます」

2人は涙の別れを…

 

その夜チェギョンは言われていた水差しをヨクの部屋にとりに行きます。

するとヨクの部屋にユンが入ってきます。

寂しそうです。

 

チェギョンは王子様の代わりに自分が家族にも弟にもなると慰めました。

 

兄弟の確執が深まって5年後…

ヨクは流刑地まで行っていると、道中何者かに襲われてしまいました!

逃げるヨクでしたが、襲ってきた者の懐から「王命」の札が出てきました。

 

ヨクは密書のこともすでに知っていたため兄に命を狙われたと思い込んでしまいました。

 

後日ヨクの死体が王宮まで運ばれます。

 

ユンは狂ったように密書を捜しに。

チェギョン、テビ様も号泣です。

 

チェギョンは「ごめんなさい。王子様の人生に関わってしまって。ごめんなさい。死なせてしまって」

と自分を責めます。

 

そして5年後。

パク・ミニョンさん登場です!

 

まだお嫁に行っていないチェギョン。

部屋にはあの水差しが置いてあります。

「待ってないわ。幽霊の妻になる気はないもの」

 

と言っているチェギョンですが、ヨクから貰った水差しが捨てれずにいます。

 

一方…

荒れ果てる海。

船には2PMのチャンソンと、ヨン・ウジンさんが!!

 

すごく強くなってます(^^;

 

スポンサーリンク

七日の王妃4話の感想

ややこしいことになっちゃいましたね(^^;

チェギョンとヨクはやっと想いを通じ合わせて「婚姻しよう」となっていた幸せ絶頂期だったのに…

 

やっぱりドラマですよね。

早々上手くいくわけがない。

 

チェギョンをかばったヨクは男気全開でスゴイと思いました。

なかなか王子という立場を捨てるなんてこと出来ないし、自分もどうなるかわからないのに。

命も危ういんですよ!

 

でもたぶん心のどこかで兄は助けてくれるだろうって思ってたのかもしれませんね。

チェギョンも弟を思う気持ちがある。というのに気づいてみたいですし。

 

ヨクが去ってしまった後、ヨクの部屋に来ていた王様を見たチェギョンはやっぱり寂しいんだなって思ったでしょうね。

自分が家族の代わりになるとまで言ってましたから。

 

自分のせいってのもわかってるし、死んでしまったのも自分のせいだって責めたでしょうね。

 

もう悲しくなってくる!

置いていかれたチェギョンも、それにユンも可哀想!

(まあ死んでないんですけどね~)

 

お兄さんに殺されそうになったと思っているヨクはこれからどうなるんでしょうね?

チェギョンは自分のせいだと思っているし、ユンは本気で自分を恨んでいる弟をどうするんでしょうか?

倒すの?

 

今後の展開が気になります。

 

やっと4話~大人バージョンになってますね。

5話からはヨクとチェギョンが再会するみたいなので楽しみです。

 

後はユンも大人になってコチャンから帰ってくるチェギョンと会ったぽいのでその辺りも面白い展開が待っていそう(^^)

 

七日の王妃4話 見どころ

七日の王妃4話の見どころは、

ヨクをダメだと言われたのに見送りに行ったチェギョン。

2人が別れたシーンが見どころ。

 

ずっとチェギョンからもらった指輪をしていたのにもグッときたし、

2人とも泣きながら待っていろ。待っています。のシーンがめっちゃ良かった~

こっちまで泣いちゃいました(笑)

スポンサーリンク