最終回「ボーイフレンド」16話のネタバレ!愛し続ける!2人はハッピーエンドへ

ボーイフレンド

韓国ドラマ「ボーイフレンド」16話は最終回!

15話では涙なしで観れない内容でしたが最終回の16話はハッピーエンドなんでしょうか?

 

ここでは韓ドラ「ボーイフレンド」16話の最終回についてのネタバレや、個人的な感動、みどころを記事にしています。

 

韓ドラ「ボーイフレンド」15話では、

スヒョンに別れ話をされ、ショックなジニョク。

両親の会話を聞いてしまい、本当に別れなくてはいけないのかなと傾き始めますが…

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

最終回「ボーイフレンド」16話のネタバレ!

退職願を書こうかと思っていたジニョク。

しかし過去のことを思い出し、代表室へ!

気になる展開は!?最終回ボーイフレンド16話のネタバレはこちらから。

愛し続け、側にいる約束

※引用:https://chibikani.com/drama-boyfriend-e

「君を理解してる」

でもジニョクは今まで誓ったことを守りたいから、君は好きにしても良いけど自分に強要しないでくれと言います。

 

「君は別れて良い。僕は愛し続ける」

自分の愛と君の別れ、どっちが勝つかとまた賭けを始めます。

 

ジニョクは先生の所に。

写真の現像をしに来ていました。

あまりスッキリしてない表情に先生から突っ込まれます。

 

スヒョンのお母さんも検察に出頭。

ファジンはそろそろ逃げ場がありません。

 

お父さんは娘に「心配ない」の一点張り。

自分を責めるなと言います。

 

スヒョンは父の顔を見たいと急いでいましたが、先に警察が迎えにきて捕まってしまいます。

記事を読んで知るジニョク。

スヒョンに『あまり泣かないで、気っと上手くいく』とメール。

 

スヒョンは実家に行き、お母さんが残っていました。

ホテルを守りなさいと言いますが、スヒョンは普通の親子になれるように、温かい言葉をかけあう練習をしようと声をかけました。

 

別れ話ををされたとヘインにも話します。

ヘインはジニョクに選んでもらった手帳を出し、

「あなたが好きだった」

と言います。

 

ジニョクが代表を想っている姿を見て、自分はそこまでの愛じゃなかったと思ったと。

代表と別れてほしくないと応援されます。

 

ミジンはデチャンに呼び出されお店に。

デチャンからピアスのプレゼントを渡されますが、ミジンは結婚するには基準があって、あなたはそれに当てはまらないと言います。

しかし好意はお互いあるのでと友達に

 

「別れようと言ってごめんなさい」スヒョンの選択

ジニョクが帰ってくるのをお母さんが待っていました。

ジニョクは立ち聞きしたことを伝え、恨んでないし理解できると言います。

 

「母さんも愛だし、彼女の心も愛だ。僕はなんとしても2人の愛を守る」

自分はスヒョンを待つつもりだと…

 

ジニョクはナム室長とランチに。

「スヒョンが鉄壁みたいで辛いだろ?」

「いいえ、僕が勝ちますから」

と言ってあるお願いをします。

 

なんとジニョクはスヒョンの運転手に再び!

「家に送りたいだけだ。迷惑はかけない」と。

 

送り届けた後、「君だけが知らない気がいる」と、無理やりフィルムを持たせました。

 

ジニョクのお母さんは手料理を持って代表室へ。

 

「どうやら私は間違っていたようです。私のせいです」

「私が別れを決めたのは、私も恐れているんです」

ジニョクのことはもちろん好きだけど、自分と同じ苦しみをしてほしくないと。

愛しているから別れたんだと言います。

 

ファジンはスヒョンを変えたのはジニョクだと言い、あなたではなかったと息子に言います。

ウソクは母親を慰め、検察まで送りました。

 

スヒョンは刑務所にいるお父さんの所へ。

ジニョクと別れたことを言われ、自分がツラかったとき、お父さんの方がもっとつらかったでしょう?

と。

 

「気遣うのは自分だ。一生今のままで生きていくのか?」

と言われます。

 

スヒョンはまだもらったフィルムを見れずにいます。

 

会社に戻るとデスクにジニョクからの箱が。

そこにはキューバで履いていたヒールが入っていました!

さらにメッセージカードが入っていて、そこにはスヒョンへの愛が書かれています。

 

それを見たスヒョンは泣きながら急いで出ていきます。

 

雪が降ってきました。

ジニョクは外へ。

 

スヒョンはフィルムを先生のところで現像してもらい、ジニョクのところへ。

 

ジニョクは公園のブランコに座っていて、

「公園が消えたら困るわね」とそこにスヒョンは立っていました!

 

「ジニョクさんと一緒のときはいつも笑ってた」

「すっと笑って暮らせばいい」

「あなたの側で笑顔で暮らしたいの。別れようと言ってごめんなさい」

 

2人の想いがやっと一つに!

2人ともサランヘヨと言いキス!

 

その後デチャンのお店に。

お母さんが手料理を持って来たことを伝え、ペアリングのことをジニョクからツッコまれ、ずっと持ち歩いていたとポケットから出します。

またジニョクに付けてもらいました。

 

結婚しよう!物語はハッピーエンドへ

※引用:https://dorama-omoroi.net/post-1510

そして1年後・・・

広報部では新入社員が(笑)

楽しそうなチームは変わりません。

 

ファジンから面会謝絶をくらっているウソク。

広いお家に一人ぼっちです。

 

デチャンはまたミジンのところへ。

「素直じゃないな」とミジンに言います(笑)

 

2人は旅行の計画を立てていると、「結婚してから行こう」とジニョク。

 

~ボーイフレンド全16話おわり~

 

スポンサーリンク

韓ドラ「ボーイフレンド」16話、最終回の感想

※引用:https://kdra-bogome2.com/2019/05/06/002-189

ボーイフレンド短いですね!

韓国ドラマってわりと20話くらいまで現代劇でもあるじゃないですか??

16話で最終回とか少なく感じて寂しい…

 

さっそく「ボーイフレンド」16話、最終回の感想を記事にしていきます。

 

スヒョンのお父さんは素晴らしい人ですね!

あんな正々堂々としている議員さんなんて珍しいんじゃないでしょうか?

日本でもなかなか議員さんの事件ってたくさんあるし、悪いことをしたら隠そうって気持ちが大きいと思います。

 

それをはね返し、正しいことをしたお父さんは素晴らしい!

スヒョンも自慢に思うでしょうね。

 

そしてまさかのお母さんも出頭。

最後まで諦めたくない人だったのに、お父さんとに娘に心動かされたんでしょうね。

 

ジニョクのお母さんも正直に息子に伝えていて凄いですね。

黙ってれば良いのに、どうしても罪悪感がぬぐえなかったんでしょう。

自分を恨まない息子を前に、余計に罪悪感が増したと思います。

 

15話ではずっと泣いてて、スゴク辛かったでしょうね。

 

ジニョクは愛し続ける恋を選択しました。

ツラい決断だってわかってたはずですが、スヒョンから拒絶されるたびツラかったでしょうね。

もちろんスヒョンもこれ以上近づいちゃダメだってわかってると思いますし、それがまたツラかったでしょうね。

 

ジニョクはスヒョンとの賭けに勝つ気満々でカッコイイ~

 

ナム室長も応援してくれていました!

ほんと最終回まで良い人!2人の味方です(^^)

 

ケンカしたわけでもないのに2人が元サヤに戻って良かった~

もう15話はただただツラいだけでしたから(^^;

 

スヒョンは手料理が好きだと言っていたので良かったですね~

お母さんがまた食べに来てと言っていましたが、連日連れて来られると献立に困ると(笑)

確かに(^^;

 

最終的にはハッピーエンドで良かったですね~

キレイにまとまって、最後2人がイチャイチャするシーンはまじで良かった。

久々に和んであ~この韓国ドラマ観て良かったなって思いました。

また挿入歌も素敵!

 

最終回でウソクがちょっとしか出なかったので個人的には寂しい(笑)

 

「ボーイフレンド」では主人公の2人がギャーギャー言わず、冷静で温かく優しい人物だったのが良かったなと思います。

ちょっと発狂する主人公とか苦手…(^^;

 

穏やかで和やかで2人とも大人で。

とっても素敵なカップルでした!

太陽の末裔のカップルも、雲が描いた月明りのカップルも好きですが、

またこっちの格差&歳の差カップルもめっちゃいいですよね~(^_-)-☆

 

ボーイフレンド16話のみどころ

16話の最終回のみどころは、

ジニョクのところに会いに行き、「別れようと言ってごめんなさい」と言ったスヒョンのシーン。

 

ケンカ別れでないのが簡単に元サヤに戻れない感じでしたが、

自分の存在を卑屈に思い、さらには恨み、周りに気遣いすぎる。

そんなスヒョンが一歩を踏み出し、やっぱりジニョクじゃないとダメだって想いがあふれていたシーン。とても感動したのでみどころに。

 

ぜひ皆さんもチェックしてほしいです!

 

やっぱりキスで終わってくれるのは嬉しいですね。

心がとっても温かくなりました。

スポンサーリンク