七日の王妃5話「忘れられないひと」の動画視聴をしました!

5話からは大人バージョンになっているので見ごたえバッチリだと思います(^^)

とくに2PMチャンソンファンの方は必見ですね。

 

5話のネタバレや感想、見どころを紹介しているのでご覧ください。

初キスシーンがすでに5話でありですよ~

 

七日の王妃4話では、

ヨクの流刑が決定してしまい、密書のことを知ったヨク。

流刑地に行く途中に何者かに襲われてしまい、それがユンのさしがねと勘違いしてしまいます。

王宮にはヨクの死体が運ばれたため全員がヨクは死んだと思っていました。

そして5年後になり…

スポンサーリンク

七日の王妃5話「忘れられないひと」のネタバレ

死んだと思われていたヨクはソノと一緒に船に。

生きていたのです!

七日の王妃5話「忘れられないひと」のネタバレはこちらから。

ハニャンに帰ってきたチェギョンとヨク

ハニャンに帰ってきたヨク。

その足でトンジョクチョンへ。

ですがもう村はなく、王の土地になっていました。

 

ヨクはそれを知り、王座を奪う気満々

 

そのころ王宮では、献上物が全てないことでもめていました。

 

ユンはお昼に楽器を弾いたり。城下を楽しんでいるようでした。

周りの女性はイケメンがいると大騒ぎ。

 

そこにたまたまチェギョンが通りかかり、2人は女性から一緒に逃げることに(笑)

 

ユンはチェギョンだと始めは気づきませんでしたが、5年ぶりの再会を喜んでいるみたい。

 

チェギョンはユンに、今日は付き合うと行動を共にすることに。

チェギョンは今日ユンが何をするのか知っているみたいでした。

 

一方ヨクは久しぶりのハニャンを懐かしみながら歩いています。

 

チェギョンとユンは街で買い物を。

食べ物を買っています。

 

ユンはかなり女性から見られていて、イケメンなのですがチェギョンは全く興味がないみたい(^^;

 

ヨクの友達、ソッキとグァンオは米を上げる代わりにと情報を集めていました。

表向きは質屋です。

 

と、そこに超絶美女が訪ねてきます。

隠し扉の中へサクサク入っていき、ソノとも対面。

ですがなんといきなりソノを平手打ちに!

 

ヨクのことを兄上と呼んでいます。

 

宿屋に荷物を持って入ったチェギョンとユン。

2人は祭祀をするみたい。

 

たまたま隣の部屋をとっていたヨク。

2人に気づき、腰を抜かします。

 

祭祀を行う2人

ユンは廃妃になった自分の母親の祭祀を行っていました。

チェギョンもそれに付き合います。

 

それからヨクのも同時にします。

 

「ヨクが死んだのはお前のせいではない。自分を責めるくらいなら俺を恨め」

とチェギョンに言います。

それを壁越しに聞いているヨク。

 

チェギョンはまた泣いてしまいます。

 

「隠れて祭祀をやるなんて情けない」

と言ったユンに、

「聖君になればよいのでは?」

とチェギョンは明るく言います。

 

2人は楽しそうに会話しています。

 

部屋を出たチェギョン。

ヨクと鉢合わせし、「王子様」と呼びますが、「違うわね。幽霊かと」と…

 

チェギョンは祭祀のご飯を一緒に食べようと言います。

 

「大切な方の命日なんです」

と言われ、食べ始めるヨク。

豆を残している姿をみながら、「大切な方に似ています」

 

言い争いになってしまい、そこでユンが「どうした?妻よ」と出てきました。

 

戻ったたチェギョンはユンも豆を食べておらず、ヨクも豆を食べないと聞きます。

 

チェギョンは急いで追いかけました。

が、ヨクは姿を見せず帰って行きます。

 

チェギョンも帰ります。

お母さんは乳母も連れず遅くまで出歩いていたチェギョンを怒り上げます!

 

帰ったチェギョンは乳母に「幽霊を信じることにしたの」とヨクの残した豆を見ながら言います。

 

ミョンへは恩人

ヨクは大けがを負い、ミョンへたちに救われます。

今でも悪夢を見るみたいで

「死にたくない」「チェギョン。絶対戻るから」

と泣いています。

 

「シン・チェギョンとは?」

とミョンへがソノに聞くと、ヨクがどれだけチェギョンのことを想い、存在が大きいかを話しますが、

ミョンへにとってはチェギョンがただ邪魔な存在でしかありません。

 

献上物を乗せた船を襲ったのがヨクたちだと人相書きまで出ていますが、まだ王子だとはわかっていません。

側室である尚宮は裏でイム・サホンと始末するように指示。

 

翌日ユンはチェギョンに言われた聖君にという言葉を思い出しながら朝会へ。

的確な指示を出していて、ホントに聖君になるつもりみたい。

 

テビ様のところへミョンへが謁見。

なんとすでにヨクが生きているとテビ様には伝わっているみたい。

ミョンへはプチョングァンの姪でした!

 

チェギョンとヨクがキス!

チェギョンは質屋のことを聞き、情報を何か持っていると思ったため幽霊のことを聞きに行きます(笑)

米と交換し、逆もアリじゃないかと思ったのです。

 

さっそく扉を隔てたところで情報を貰いに行きます。

そこにはヨクがいました。

「幽霊を探してほしいんです」

チェギョンは幽霊にときめいたと言っています。

 

小窓から見えるチェギョンの手をいとおしそうに見つめるヨク。

自分の話しを聞いていないと思ったチェギョン。

部屋に入ろうと必死!

 

そして結局はヨクと再会。

あなたにときめいたとチェギョンは言い、

「あなたはいったい誰ですか?王子様ですよね?」

 

ですがヨクは冷たい態度のまま。

そして怒りのままチェギョンにキス!!

 

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

七日の王妃5話の感想

やっと大人バージョンになりましたね!

ヨクは今まで大人になるまで壮絶な出来事があったみたいですね。

 

あの時負傷したまま死にそうになっているのをミョンへたちに救ってもらい、恨むことで精神保ってたとかどれだけなんでしょうね。

憎しみの心が人を生きさせるってのもあるんでしょうか?

実際現実問題わかりませんが…

 

城下にお忍びで行っていたユンですが、めっちゃ楽しそうにしてましたね。

5話でこんな楽しそうに笑う姿始めて見ました!

 

チェギョンといると笑顔がこぼれるみたい(^^)

貴重なシーン(笑)

 

それにしてもユンはモテてましたね~

振り返らない女性がいないほどでした。

まあ天下のイ・ドンゴンですしね。当たり前と言われれば当たり前なんですが…

 

ヨクの大人バージョンのヨン・ウジンさんもめっちゃイケメンですね!

すでに5話でキスしちゃいましたけど、これから2人がラブライブになれるのも近いんでしょうか?

 

未だに5年経ってもヨクのことを想うチェギョンは純粋で一途でかなり好感が持てます~

でもユンともイイ感じに見えたし、チェギョンを巡って兄弟の争いが起きなければ良いんですが…

 

新キャラミョンへ!

めっちゃ可愛くてビックリしました~

コ・ボギョルさんですね。

 

名前はいかついですが、顔は可愛らしいというね。

この子がチェギョンとヨクの邪魔してくるでしょう(笑)

小悪魔感確かに出てるもん。

 

でもカワイイ!

 

ヨクはチェギョンにキスしちゃいましたがその後どうなるんでしょうか?

6話が楽しみすぎてしょうがない!

 

七日の王妃5話の見どころ

七日の王妃5話の見どころは、

祭祀を行っていたユンとチェギョンのシーンが見どころ。

 

そういうことユンがやるんだなってのも驚いたし、ヨクのことをやっぱりまだ好きな兄の顔が見れて良かったです。

それにチェギョンが聖君にと言った言葉をちゃんと守っているあたりもまた…

 

すごくユンの人間らしい、優しい部分が出てたシーンでした。

スポンサーリンク