韓国ドラマ「W-君と僕の世界ー」の13話・14話のネタバレと感想について紹介していきます。

13話は「13話つかの間の幸せ」

14話は「運命を導くタブレット」

というタイトルです。

 

韓国ドラマ「W-君と僕の世界ー」の11話と12話では、

カン・チョルとヨンジュは漫画の中の世界から現実世界に。

オ・ソンムの顔を奪った真犯人と直接対決することになりましたが、カン・チョルはいろいろな仮説を立て、現実世界と漫画の中の世界を行き来し、利用。

そして真犯人を捕まえることに成功し、ヨンジュのところに帰って行きます。

スポンサーリンク

W-君と僕の世界-13話「つかの間の幸せ」ネタバレや感想

韓国ドラマ「W-君と僕の世界ー」の12話では、真犯人を捕まえることに成功したカン・チョル!

漫画の中の世界の自分は死んだように見せかけ、これからはヨンジュと幸せに暮らす予定ですが・・・

13話からももちろん事件が起こります。ハッピーエンドはまだ先!

W-君と僕の世界-13話 ネタバレはこちら!

13話「つかの間の幸せ」のネタバレについて。

ハッピーエンドの妄想が広がるヨンジュ

ハン・チョルホと真犯人が電話をしていることに気が付いたカン・チョルは、これを利用しようと策を練ります。

ドユンに通話履歴を調べてもらうよう遺書に残します。

ハン・チョルホを殺人犯に仕立てるつもりみたいですが・・・

 

真犯人がハン・チョルホに会わせろと言っている。そう聞いたハン・チョルホ。

「なぜカン・チョルは遺書に共犯にあることを知っていたんだ?」

物語はイイ感じにハッピーエンドに向かっているみたい。

 

それを漫画で観たヨンジュは嬉しそう。

しかしまだオ・ソンムの顔は戻りません。

帰ろうとするヨンジュにカン・チョルから電話が来て、2人はまたデートに。

 

ヨンジュは幸せなハッピーエンドを想像し、

オ・ソンムの顔は戻り、カン・チョルは主人公を取り戻し消滅するのを防がれる。そして仲良く楽しく暮らすという未来を。

 

そんな未来を想像しながらヨンジュはカン・チョルの待つカフェに。

また漫画の中の世界に帰ってやることがあると言うカン・チョル。

「ハン・チョルホを有罪にする音声データを描けば終わりだ」

と、このことが終わればハッピーエンドが待っていると余裕そうなカン・チョル。

 

とそこに教授が!

あまりにヨンジュがバカにされるので(漫画の中でも)「オ・ヨンジュはイイ女だと思うけど」とそれを聞いていたカン・チョルは口をはさみます。

すると教授が「どこかでお会いしたかと?」

「ああ、カン・チョル?似てるとよく言われます」

「映画版に出演すればピッタリだ!応募すればいい」

もうヨンジュは必死で教授を押さえつけ誤魔化します。

 

そしてカン・チョルはペントハウスのモデルとなったホテルに向かうんですが、なんと目の前にソヒが!

ここは現実世界なのに。

焦ったカン・チョルはヨンジュに電話し、ここは現実世界だと改めて確認します。

 

顔を取り戻したお父さん!いや・・・真犯人!?

ヨンジュはお父さんの様子を見に行ったんですが、なんとお父さんがいません!

鍵をかけていたのに部屋から出たみたい!

ですが「ヨンジュ・・・」顔を取り戻したお父さんが!

 

ドユンに会いに行ったカン・チョル。

「お前の葬儀で大変だった。そう言えばソヒがお前を見たと言っていた」

ソヒは現実世界?カン・チョルが漫画の中で?お互いを見たみたい。

「予期せぬ変化が起きた?」と考え始めます。

そして第3の仮説を・・・「俺が登場人物を想えば現実世界に呼べる?」

 

目を覚ましたお父さんですが、なんだか様子がおかしいです。

「なんだチョルはいないのか。待って損したな」

と!!お父さんじゃない!?別人?

そこにドユンが警察から連絡を受け、

「ハン・サンフンが脱走した?そんなことがありえるのか!?」

カン・チョルはただただビックリです。

 

撃たれたヨンジュ!真犯人を成敗するも・・・

実はこっちの世界に来ていた真犯人。

「お前が絵を描いたせいでめちゃくちゃになった。チョルを助けるなんて」

「行こう。夫を捜しに」

ヨンジュは真犯人ハン・サンフンに捕まってしまいました。

 

カン・チョルは急いで現実世界に戻り、真犯人はオ・ソンムを使って絵を描かせ、ハン・チョルホに連絡し隠れ家を用意させます。

カン・チョルは戻りましたがすでにヨンジュがおらず・・・

 

真犯人に倉庫のようなところに連れていかれたヨンジュ。

銃で撃ち殺されそうです!

カン・チョルがヨンジュのところに急いでいると、つづくの文字が。現実世界に戻ってしまいます。

ヨンジュはすきをみて逃げようとしましたが、なんと背中を撃たれて気絶

それを漫画でみたカン・チョル。すぐに漫画の世界へ。

 

真犯人と銃の交戦をし、真犯人は死んだみたい。

ヨンジュは現実世界に気絶したまま戻っていて、そこで働いていた人が救急車を呼んでくれたんです。

急いでカン・チョルはヨンジュの運ばれた病院に。

意識は戻りません。

 

W-君と僕の世界-13話 感想・見どころ

W-君と僕の世界-13話の感想は、

なーんかまたややこしくなってきましたね(^^;

ハッピーエンドに上手い具合に向かっているように思われたんですが、やっぱりそんな単純に進んではくれません。

お父さんの顔はまだ戻らないし、パネルに電源を入れたらやっぱり真犯人の言いなりだし。

もう!このまま平和には無理なんでしょうね~

 

カン・チョルの作戦はかなり良かったと思います。

ハン・チョルホを利用して真犯人と共犯。そうすれば2人とも悪人は消え、物語はハッピーエンドとなったでしょう。

なにが起きてこうなってしまったのか・・・

真犯人めっちゃやらかしてくれるわあ~

 

ヨンジュは漫画の中で撃たれて現実世界に戻って危篤状態!

せっかく最終回に向けてなにかいいことしか起こりそうにない予感がしてて、このままカン・チョルと現実世界で2人仲良く暮らす予定だったのにね。

このまま助かると思うけど、もうどうなるの~続きがきになる~

 

W-君と僕の世界-13話の見どころは、

ヨンジュが想像していたハッピーエンドが13話の見どころ。

なんかペアルック着て自転車の2人乗りしてるし(笑)

なんでペアルック?韓国ってペアルックのシーンと自転車を2人で乗るシーン多くないですか??

ちょっと観てて恥ずかしかったですけど、でもW-君と僕の世界-って元々2人のラブラブシーンが少ないのでたまにはいいかなって思います。

ヨンジュの頭の中、お花畑だ(^^;

 

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

W-君と僕の世界-14話「運命を導くタブレット」ネタバレや感想

韓国ドラマ「W-君と僕の世界ー」の13話では、

真犯人が警察署から脱走!そしてカン・チョルと銃の交戦をするもカン・チョルが勝ち死亡。

しかしヨンジュが背中を撃たれて危篤状態!

14話「運命を導くタブレット」はどうなる??

W-君と僕の世界-14話 ネタバレはこちら!

韓国ドラマ「W-君と僕の世界ー」の14話「運命を導くタブレット」ネタバレはこちらから。

娘を売ってしまった。ヨンジュの死

ハン・チョルホが真犯人のところに向かいましたが、すでにカン・チョルはおらず真犯人は死んでいます。

そこで証拠隠滅するため真犯人のスマホをとり、「女が撃たれて倒れてた」と聞きますが・・・

 

オ・ソンムの顔が戻りました!

真犯人と意識が一緒になっていたみたいで、ヨンジュを必死で探しに行きます。

病院に着いたオ・ソンムとスボン。そこでヨンジュは今脳死状態にあり、このままでは・・・と衝撃事実を聞かされます!

そのころ意識が戻らないヨンジュを前にカン・チョルは腕がまた消えかかっていて・・・漫画の中の世界に!

 

娘が帰ってこないと落ち込むオ・ソンム。心配するスボン。

そこにカン・チョルが会いに。

「ここで死んだらもう戻せない。望みがないと言われて今はホテルに」

それが理由でヨンジュを漫画の中の世界に連れて行ったカン・チョル。

「もう1週間が過ぎた。だった一度だけ目を開けた」

そう淡々とオ・ソンムに話すカン・チョル。

「それで今は?」

「死にました」

オ・ソンムはショックで倒れてしまいます!

 

妻を助けたい!

病院に運ばれたオ・ソンム。

「なぜオ・ヨンジュを殺したんですか?」とWの話しをされ、オ・ソンムは自分がヨンジュを殺したと思い自殺しようとします!

「俺が撃った。俺がヨンジュを殺したんだ」

「違う、あんたじゃない」とカン・チョルは止めに来ました。

「あんたにはやるべきことがある。撃ったのは真犯人であんたが娘を救うんだ!」

全ては漫画だから復活させることが出来るとカン・チョル。

「俺は絶対に諦めない。生き返らせることが出来る」

しかし絵を描くことに使っていたタブレットは真犯人の命令で壊させられていました。

 

そしてカン・チョルは「ねつ造ではないホントの思い出がある。設定されてない俺が選んだ人生」

「彼女を救って幸せに暮らす。逆転勝利してみせる」

そして妻の父親として自分にはオ・ソンムが必要で、もう家族だと言いました。

「生意気な奴め」とオ・ソンム。

 

そして壊れたはずのタブレットはあると推理したカン・チョル。

オ・ソンムは車のトランクの中にあることを思い出し、警察では押収されてなかったためハン・チョルホが持ち出したことがわかりました。

 

タブレットを取りに行ったカン・チョルですが、ハン・チョルホに注射を打たれ気絶。

目が覚めるとイスに縛り付けられ動けない状態に!

目の前にはハン・チョルホ。タブレットをなんと使いこなしていました!!

「こんなものが存在するのか」と嬉しそうに話します。

カン・チョルを痛めつけ始め、血だらけになってしまいます!

 

Wの最新話はUPされ、スボンはカン・チョルがハン・チョルホに捕まったことを知ります。

 

届いたタブレット!助かったヨンジュ

「スボンさん、物が届く」と言ったカン・チョル。スボンは動き始めます。

実はカン・チョルはタブレットさえあればヨンジュが生き返り、持ち主が病院にいると話します。

そしてタブレットをもったハン・チョルホが病院に向かわせるように仕向けたみたい。

 

「絵を描いて妻が生き返れば証拠になるだろ?」

と言ってオ・ソンムがいる病室まで向かわせたんです!

カン・チョルは時間を図り、ハン・チョルホをオ・ソンムの病室へ出現させました。

 

すぐハン・チョルホが持ってきたタブレットを描き始めたオ・ソンム。

そしてヨンジュは意識が戻ります!

ドユンはビックリです!しかしつづくの文字が・・・

ヨンジュは現実世界に戻り、スボンに電話を。

 

ヨンジュはホテルでWの最新話を確認し、ホテルに向かったと言われたカン・チョルを待っています。

すると目の前に最終回の文字が!

 

W-君と僕の世界-14話 感想・見どころ

14話の感想は、

いやーーーヨンジュがとうとう漫画の中で死んじゃいましたね!

始めは不死身の身体だったのに・・・それにしても脳死状態のヨンジュにカン・チョルがずっと1週間つきっきりだったんですね。さすが夫。

 

カン・チョルは漫画の中でなら生き返らせることが出来るから連れて行ったんですね。

絶対に死なせたくない。生き返らせたいって気持ちがスゴイ伝わりました~

こんなことまで考えれるなんて、ピンチのときにもどこか頭が冷静なんでしょうね。もう天才うらやましい限りです(笑)

Wの作者であるオ・ソンムはそんなことちょっとも考える余裕がなかったですもんね(^^;

 

ハン・チョルホは設定通りのクズ野郎でしたね。

ガチの悪党です(笑)序盤は悪役キャラとしての登場がほとんどなかったので、やっと登場人物として機能し始めました。

まあ安定でいらんことしてくれてますが・・・

それにタブレットに気が付くなんて賢すぎやしませんか?

漫画の登場キャラが意志を持ってるって面倒くさいです(^^;

 

結局ヨンジュは助かったんですが、カン・チョルが戻らない?

あんだけ血だらけだったのにどこにいったの?

最終回って最後に出てたけど、まだ最終回には早いし、いったいどういう事?

15話が気になる・・・

 

14話の見どころは、

カン・チョルがオ・ソンムの自殺をとめ、それからヨンジュのことを語ったシーン。

「ヨンジュさんはたった一人の家族だ」

そしてオ・ソンムも家族だと言ったカン・チョルはでかい男だなって思います。

漫画の設定ではなく、心からヨンジュのことを好きになったと父親に告白するシーンは見どころです(^^)

スポンサーリンク