【むやみに切なく】3話のネタバレ!君のことしか考えられない

むやみに切なく

韓国ドラマ「むやみに切なく」3話を動画視聴したので、さっそくネタバレを紹介していきます!

またみどころと感想もあるのでご覧くださいね。

 

むやみに切なく2話「学生時代の思い出は淡くない」では、

主人公2人の学生時代の話で、過去の回想シーンでした。

父親がひき逃げされ、事件はもみ消され、借金があったので夜逃げしたウルと弟。

ジュニョンはずっと捜していて…

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

むやみに切なく3話「君のことしか考えられない」のネタバレ

目の前で倒れてしまったウル!

ジュニョンは自分の知っているウルではないと言い聞かせますが…

むやみに切なく3話「君のことしか考えられない」のネタバレはこちら!

今も昔もウルのことが気になってしょうがない

※引用:https://xn--5cktamn1e3cza7664jlcrd.net/%E3%82%80%E

病院で目を覚ましたウルの目の前にはマネージャーのチャン・グギョンが。

病院に行かないとクビだと言われたみたい(^^;

 

本人はというと、クラブである女性の誕生日パーティーのためお祝いに来ていました。

「遅れたお詫びに歌って」

と言われ、ピアノを弾きながら歌い始めます。

 

歌いながらもウルのことがやっぱり気になる。

 

同じ事務所のキム・ユナという後輩の誕生日パーティーでしたが、途中で抜けていきます。

彼女がグイグイきますが、ジュニョンは素っ気ない。

 

ウルは病院を出ていこうとし、マネージャーのグギョンにワイロを渡されます。

家まで送ってもらうと、そこにはウルの荷物を持ち出し、さらには借家の契約まで解約してしまった借金取りが!

 

悔しいやら悲しいやらで泣いてしまいます。

 

ジュニョンはお母さんの家に。

また冷たく当たらてしまいます。

「息子は死んだのよ」と…

 

帰りはグギョンが迎えに来てくれます。

車内でウルの借金取りが来て、大変そうだったし部屋まで解約させられてたと一部始終聞きます。

そこでジュニョンはウルが向かったという漢江の橋の方に向かったと聞き、車を走らせます。

 

すると橋の所には本当にウルが!

ですがいるとわかっているのに何故かスルー(^^;

 

ウルは弟のジクに電話をかけていました。

そこにはおじさんと言って慕っていたジテがジクにご飯を食べさせてあげていました。

 

電話を切った後橋に体重を預け飛び降りる!?

とそこにジュニョンが!

 

付き合おう!

※引用:https://kankokudoramaarasuji.com/muyaminisetunaku

そしてときは戻り…

ウルはヒョンジュンの選挙ポスターに落書きしているところに、ちょうどジュニョンが通りかかり見つかってしまいます!

 

2人は4年ぶりに再会。

検事の1時試験に合格したと聞きます。

 

ウルが逃げようとすると「身分証を出せ」と盗られてしまいます(笑)

ジュニョンはポスターに落書きしたウルを脅すことに。

 

「望みは何よ!」

「目をつぶってやるから付き合おう

と言い始めるんです!

 

ウルは付き合うくらいなら自首して警察に行くと言うのですが、いやいやながらも付き合うことに同意したみたい。

 

ジュニョンはウルがソウルに帰ってきたためウルの友達のところに。

借金取りに追われていること、弟の学費のために頑張って稼いでいることを言い、

学生のときのようにナリをイジメないでと言いますが…

 

そのころヒョンジュンは選挙活動の真っただ中。

そこにたまたま居合わせたジュニョンはジテとハルと遭遇

ハルはジュニョンに一目ぼれ(笑)

 

そんな2人にユン・ジョンウン(ウルの父親をひき逃げした犯人)が帰国し、将来結婚しよう的なことを言い始めますが、

ジテはひき逃げ犯のことも、父親がもみ消したことも全て知っていたのです!

 

そしてウルがずっと抗議していたことも。

 

ウルは選挙活動のバイトに来ていて、目の前にはひき逃げ犯のジョンウンが!

「1番は悪い奴だからほどほどにね」

と言います。

 

ウルはジュニョンに呼び出され、女の子に付き合ってと言い寄られているとことへ。

わざとウルは甘えて攻撃しますが、逆にやられてしまいます(笑)

 

「彼は私のもの。今度つきまとったら棺おけにぶち込むわよ」

と言います(^^)

 

そんなことを言って後悔しているウルのところへジュニョンが。

「役目は果たしたでしょ。帰らせて」

と言いますが、10分と言って膝枕を。

 

しかしあと4回罰が…

 

10分経っても起きなかったので顔に勝手に落書き(笑)

その顔を見てウルは爆笑。

そして何故か泣いてしまいます。

 

ジュニョンはからかってでも意地悪しても、やっぱりウルに会いたいという気持ちが。

 

全てを知ったジュニョンに罰が

帰り道、目の前で当選したヒョンジュンが。

奥さんと一緒にお母さんのお店に来ていて、ジョンシクは複雑そうに見ています。

 

ジュニョンがヨンオクのところへ行くと、ヨンオクは厨房で泣いていました。

ヨンオクを連れて出ようとすると、ジュニョンに気づいたジョンシク。

まだ覚えていました。

 

ジュニョンはヨンオクにもう父親が誰かわかったとそれとなく伝えます。

2人とも涙です。

 

ウルは運転代行中に奥さん以外の女性とイチャイチャしているジョンシクの動画を撮っていました!

ナリからは「余計なことをしたら痛い目に合うよ」

「私が父さんの無念を晴らさなきゃ」

 

そんなときジュニョンから電話が。

しかし出なかったので、住所の所へ向かうことに。

 

ウルはそのころヒョンジュンに電話していました。

その電話の内容を聞いているジュニョン

 

意を決して力強く歩き始めたウル。追いかけるジュニョン。

バイクに乗ってウルの荷物をひったくり、なんとウルは事故にあってしまい病院に搬送。

 

「お許しを、あなたを信じます。だからウルを助けてください。助けてくれたら自分の幸せは全て諦めます。助けてくれたら残りの命も差し出します」

と心の中で神に祈ります。

 

そして現在に戻ります。

「ドキュメンタリーの仕事受けてやるよ!」

と覚悟を決めてウルと関わっていくことを決めたジュニョン。

 

スポンサーリンク

むやみに切なく 3話の感想

むやみに切なく3話「君のことしか考えられない」の感想です。

 

ジュニョンというかキム・ウビンさんですが、ピアノ弾けてさらに歌えたんですね!

モデル出身なのでランウェイは歩けるでしょうが、演技も出来て、ピアノも弾けて、スポーツも出来て多才ですね~感心します。

 

ウルがマネージャーのグギョンの飲みかけていてコーラを買い直すが吐き出してくれと言われ吐き出し、さらにそのコーラをジュニョンが飲むとは…

面白いシーンだなって思いました(^^;

 

なんか吐き出すシーンがなんとなく可愛かった(笑)

 

ウルの弟、ジク役のイ・ソウォンさんは彼女は嘘を愛しすぎてるでベーシストの役で出演されていましたね!

私の場合むやみに切なくを後で視聴したので「若い」!って思っちゃいました(笑)

こっちの方がドラマとしては古いんですよね~

 

選挙活動のバイトで、ウルの目の前に自分の父親をひき逃げした女性がいたのに気付かなかったんでしょうか?

もうわからない?

殺意が芽生えてもしょうがないようなシーンでしたがなぜスルー?

しかも普通に話してるしマツゲとってあげてたし!

もう謎!

 

そしてジテは全てを知っていたんですね!

それでもウルとジクに関わっている理由は自分の父親がしたことの罪滅ぼし?

それとも様子をうかがっている、実は悪い奴なんでしょうか?

 

ジテが今後このむやみに切なくのキーマンになることは間違いないでしょうね。

 

ヨンオクのお店にヒョンジュンを連れてきたのはどうかと思います。

ほんとジョンシクの言うようにやってくれましたね。

本人たちの意志の方が大事だし、ヨンウクは会いたくないだろうに。

それに息子がいるということもヒョンジュンは知らないでしょう。

 

ジュニョンはお母さんに父親のことを知っていると告白しましたね。

ヨンウクは大号泣していて、なんか複雑。可哀想になりました。

息子には知られたくなかったでしょうし、検事になる、立派な大人になると言ってくれたことは嬉しかったでしょう。

なんで芸能人になったのかはこれからですね~

 

昔の話と今が交錯していてところどころでえ?今の話し?過去の話し?何年前の話し?

と混乱しましたがだいたいわかりました(笑)

 

ドキュメンタリーの仕事受けると言ったジュニョン。これからの展開が楽しみです。

 

むやみに切なく 3話のみどころ

むやみに切なく3話のみどころは、もちろん膝枕のシーンですね。

あの強がりなジュニョンが甘えたようにウルの膝を借りて10分だけと言って寝たシーンは珍しくてみどころです。

 

それに画がとっても綺麗で、イチョウが落ちてくるシーンはとっても綺麗だなって思いました。

その後ウルが泣くんですが、なんかそれがまた儚げで題名通り切なくなります。

 

どういう気持ちで泣いたのかはよくわかりませんが、印象的でした。

 

⇒むやみに切なく4話

スポンサーリンク