韓国ドラマ「七日の王妃」の2話「望まない婚礼」を動画視聴しました!

日本でも人気の女優さんパク・ミニョンさんが主演だと話題になっている韓国ドラマですね。

 

七日の王妃1話では、

現在の王イ・ユン(イ・ドンゴン)は、父親である先王の遺言で腹違いの弟イ・ヨクが大人になったときには王を譲れと言われていました。

しかしユンはヨクに弟としての愛情もありながらも憎い存在に。

ユンの婚姻の話しがでたため、側近であるトスンジの娘チェギョン(パク・ミニョン)の名前があがります。

スポンサーリンク

七日の王妃 2話「望まない婚礼」のネタバレはこちら!

お互い知らないまま出会った2人。

さらに内密に夜出かけた王、ユンの前にチェギョンが!

さてどうなる??

 

七日の王妃2話のネタバレはこちらからどうぞ。

怪しい宿屋

チェギョンは人違いに気が付きその場を後にします。

ですが「あの、兄になってください」

とお願いし、連れて行ったのは宿屋。

 

子供一人では泊まることが出来ないからでした。

ユンを剣士だと勘違いし、一生懸命ここの宿屋に泊まらせてもらうように頼みます。

 

結局チェギョンに負けてしまい宿がとれます。

ですがそこの女店主の怪しい動きが気になる…

 

チェギョンとユンは一緒に宿屋の食事を。

ですが睡眠薬が入っていたようでチェギョンとユンも一緒に捕まってしまいます!

 

気が付いたチェギョンは荷台をひいてユンを運びます。

荷物は盗られてしまいました。

 

門まで着いたチェギョンは気を失ってしまい、ユンは病院へ連れて行きます。

 

気がついたチェギョン。

ユンはなぜ一人で逃げなかったのかと言いますが、

「剣士様は私の兄上になってくれました。家族は死ぬときも一緒です」

と言われ、何かしら思ったみたい。

 

王宮へ戻ったユン。

自分を襲った宿屋の人を捕まえてきて、みんなの前で斬ってしまいました!

 

ユンの部屋の前で寝てしまっていたヨク。

婿養子になれという意思は変わらない様子。

 

チェギョンがまた目を覚ますと、

次に会ったときは願いを1つ聞いてやろう

と書いた紙がありました。

チェギョンは王のつもりかと笑います(笑)

 

対面したチェギョンとヨク

ヨクとテビが直々にトスンジの家に!

 

ですがチェギョンの父親も母親も自分の娘は勉強も出来ないし、礼儀もなってないから王宮の人とは結婚できないようにと持っていきます。

たまたまチェギョンは家に着き、その会話は聞いています。

 

チェギョンの視線に気が付いたヨク。

窓を開けるとチェギョンが!

父親も母親もビックリです(^^;

 

ヨクもチェギョンもビックリ(笑)

「これだけははっきり言えます。この娘とは絶対婚姻しません」

「いいえ、私は王子様と婚姻します」

と親の前で言います。

 

ヨクはチェギョンのせいで王に殺されそうになったと言い、女は落ち目の家に嫁ぐのが幸せなんだと言い、

めっちゃ言い合ってます。

 

チェギョンがヨクに盗られていたと思っていた文はスリの男の子がいたなと気づいたヨク。

次の日、トンジョクチョンというところに来るよう言います。

 

チェギョンの母親は急にチェギョンが帰ってきたため激怒!

さらに父親からは縁談を断るからコチャンへ帰れと言われてしまいます。

「私を恥だと思って地方に隠したのでしょう?家族の役に立ちたいのに機会さえくれない」

と涙ながらに言います。

 

ですが父親からは帰れの一点張り。

何か訳があるみたい。

 

ヨクはユンのところへ。

「余が怖くはないのか?」

と聞かれますが、あまりにもヨクがストレートに兄想いなので少し氷の心が解けたみたい。

その夜はヨクがユンのために琵琶を弾きに。

 

友達になった3人

チェギョンはハニャンに残るためにと、王子様をおとす!と意気込みます。

キレイに着飾りトンジョクチョン村へ。

 

村へ着くと朝から騒がしい。

実は王様に献上する米を誰かが盗んだと言うのです!

 

助けようかと…でも何もしないようにと言われてるし…

そこにチェギョンが!

「献上米を盗んだくらいで打ち首になるなんて!」

と言っていると、米を盗んだ犯人がわかります。

 

そこで「犯人を知っています」とヨク。

ヨクは自分が盗んだと言い、

そしてチェギョンが乗ってきた籠を売り、米に変えました。

村人たちは喜びます。

 

事態が収集し、チェギョンは愛らしくあるためにと振る舞いを改めていますが…

本当は盗んでいた子供をかばったヨク。

「普段の王子様は仮面をかぶっているみたいです」

「そうしなくては生きられない」

 

そう言っているとチェギョンの手紙を持ってさっきの男の子が謝りに来ました。

「王子様にはこの命を差し出します。助けてくれたお礼です」

「命の代わりに友達になっては?」

とチェギョンに言われます。

 

「イ・ヨク、シン・チェギョン、ヨクは今日から友達です」

結局3人は友達に。

 

2人はソノの家に。

しかし怪しい影が3人を見ています。

 

王宮では先王が残した遺書の話しになっていました。

先に見つけるのに必死なユン。

 

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

七日の王妃 2話の感想

チェギョンはヨクとも衝撃的な出会いでしたが、ユンとも衝撃的な出会いでしたね(^^;

まさか川に入っているところでチェギョンが突撃してくるなんて!

めっちゃ覗き(笑)

 

にしてもチェギョンは口が達者ですよね。

王様を言い負かしているわけですから。

頭の回転の速さに感心しました。

賢い女の子です。

 

チェギョンの家族想いなところや発言にいろいろ思うところがあったみたいですね。

なんかフンって感じなのに気にいったみたいですね(笑)

でも女の子って気が付いているんでしょうか?

 

一緒にいて楽しそうでしたけどね。

 

王は王なりの大変さがあるんですね。

いつまでも人の死が後を追い夢にまで見る。

心が削られていくようです。あんなに普段は暴君なのに、心は弱いなんて(^^;

 

ヨクと再会したチェギョン。

2人ともかなり言い合いしてましたが仲良さそうな?感じに見えますけどね~

チェギョンは自分が親のためにとか、家族のためにと、役に立ちたい気持ちで婚姻したいと言っていましたが、あの歳の女の子って愛されて結婚したいとか夢見るもんじゃないんでしょうか?

 

でもいい所の出身のお嬢様だったらそういうの考えないのかもしれませんね。

親が決めたところに嫁ぐって決まってそうですし。

 

チェギョンは正義感があってヨクにとってはいい刺激になったかもですね。

 

七日の王妃 2話の見どころ

2話の見どころはけっこうありました~

1つ目はチェギョンに運ばれていたユンが、なんだか和んでいる感じで、気絶してしまったチェギョンを助けたシーンはかなりカッコよっかったです(^^)

 

2つ目はチェギョンとソノ、ヨク3人が友達になったシーン。

チェギョンが泣いてしまいそうで、ソノの困った表情も良かったですw

可愛いシーンでした。

スポンサーリンク