【ピノキオ】12話のネタバレや感想、みどころ!復讐した兄弟のその後は号泣間違いなし

ピノキオ

韓国ドラマ「ピノキオ」の12話「魔笛」をノーカット日本語字幕版で視聴しました。

そこでこの記事では、ピノキオ12話「魔笛」のネタバレや感想、個人的なキュンキュンしたポイントなどのみどころについて紹介していくのでご覧ください。

 

韓国ドラマ「ピノキオ」の11話 夏の夜の夢では、

ダルポのことを想い、イナは自分が障害になるとフリ、2人は別れてしまいます。

2人の悲しい選択に号泣者続出でした!

韓国ドラマ【ピノキオ】の12話 「魔笛」のネタバレ!

※引用:https://vod-halloffame.com/tv-drama/6950.html

MSCでソン・チャオクのインタビューを受けるジェミョン。

一方復讐をすると決めたダルポは、報道の準備をしていて…

ピノキオ12話「魔笛」のネタバレはこちら↓↓

ダルポ初リポート!兄弟は復讐後、涙の別れ

※引用:https://xn--5cktamn1e3cza7664jlcrd.net/%E3%83%94%

「今日の復讐は任せる」と泣きながらジェミョンに言われたダルポ。

とうとうMSCとYGNの番組が始まりました。

 

ジェミョンはソン・チャオクの横でインタビュアーを受け始めます。

チャオクは13年前のジェミョンのインタビュー映像を流し始めました!

 

ジェミョンは自分のインタビュー映像がカットされ、上手く編集されていると指摘。

「編集一つで人をヒーローにも悪魔にも出来る」

 

「当時のマスコミは未熟だったんです」とチャオク。

「13年前と同じ過ちを繰り返しています」と、ジェミョンは自分が人をころしたのにヒーローにしたと告白!

そしてYGNの報道を観るように促しました。

 

事前にジェミョンが犯人で、自分は弟だとアン・チャンスに言い、

ムンのいたいが発見されていました。

 

YGNの放送ではダルポが本名を名乗って自分の兄が犯人だと報道。

それを見ていたダルピョンとゴンピルはビックリ!

 

ジェミョンはハミョンを待っていました。

お互いがちゃんと復讐できたと喜びますが、「せっかく会えたのにもうお別れだ」と泣きます。

今後はソン・チャオクに一人で立ち向かうように言われたダルポ。

13年ぶりに出会った兄弟はまた涙で別れていきます。

 

家を出ていくダルポに家族全員が涙

※引用:https://vod-halloffame.com/tv-drama/6950.html

そして、自宅に戻ったダルポ。

今後はジェミョンの家に住むということに。

「お前の過去など気にならん。わしの息子、チェ・ダルポだからな」

ここで暮らすのは辛かったかと聞かれますが、泣きながら辛かったと嘘をつくダルポ。

 

ダルポは本名に戻りたいと、養子縁組を解消してくれと頼みますが、

ゴンピルは泣きながら「よくそんなことが言えるな」と悲しそう。

 

そしてダルピョンにも行くなと止められ、今まで強く当たって悪かったと言われます。

しかし兄と比較し、自分だけが幸せだったからこのままじゃダメなんだと戒めます。

 

刑務所に行くと、「自主して良かった」というジェミョン。

ハミョンと外で会える最後の機会だと現場検証に来いと言われます。

 

そして現場検証が始まろうとしており、プライベートで普通に来ているダルポ。

兄の罪を報道した弟という切り口も面白い」

とダルポをジュホに撮らせようとしたイルチュ。

 

しかし、”いちゃもん”ことヒョンギュが割って入り、ジェファンも妨害!

ダルポを助けてくれます。

 

ジェミョンが到着すると、報道陣が一気に殺到。

13年前の嫌な記憶がよみがえりますが、視線を交わし合う兄弟。

 

警察署に戻ったダルポ。

イナに「大丈夫?顔色が悪い」と話しかけられますが、

「大丈夫だ。ほっといてくれ」

と冷たく言い返します。

ほっといてくれという言葉にショックを受けるイナ。

 

チャオクとまたトイレで顔を合わせたイナ。

人をころした家族の家族だと言われたイナですが、自分も言葉で人をころした人の娘だと言い放ちました。

新聞にもMSCは編集操作で信頼を失ったと書かれます。

 

チャオクは記者として正しいのかが問われる!母の取材をするイナ

※引用:https://letudrive.com/?p=27053

たまたまダルポを見つけたソン・チャオクは話しかけます。

「俺が怖くなったんですか?」

「全然」

ダルポは挑発し、チャオクは記者としてどうなのかを試そうとしています。

 

チャオクは他の局に叩かれ始めます。

そこでゴンジュはイナとボムジョにチャオクの潔白を晴らすようにと取材に向かわしました。

 

そして今回問題になっているチャオクの取材をユレとハミョンが行うことに。

 

ボムジョはいまだにイナを諦めきれず、13年間メールを読んでいたと恨まれる覚悟で話すつもりです。

本人的にケリをつけたいと…

しかし想像とは違い、イナはメールを読んでくれていた人に感謝していると言います!

ボムジョは「困ったな。整理がつかないと(笑)

 

ソン・チャオクが誤報したと訴えるバス会社の社長に取材に行ったイナたち。

そこに鉢合わせたハミョンたち。

ハミョンは気になるからこの案件から外れろと言いますが、

「ためらわずに戦って」とイナ。

毎日祖父を想って泣いてるくせに。ダルポがくじけたら嫌だから慰めない!

と強い口調でイナは言います。

 

取材を終え、ハミョンは直接ソン・チャオクに取材すると、ボムジョが貸してくれた社員証でMSCに乗り込みました!

「デマを流されるとツラいでしょ?僕も13年前に経験しました」

「デマは放っておけばいい」

 

そして「証明できますか?」と言われ、「証明は…できるわ」と。

めちゃくちゃ激怒し、声を荒げたチャオク。

会長からは『ひとまず降番を』という指示が届きます。

 

MSCを後にするハミョンの表情は晴れやか。

 

韓国ドラマ【ピノキオ】12話 「魔笛」の感想

※引用:https://tv.rakuten.co.jp/content/184929/

韓国ドラマ「ピノキオ」の12話「魔笛」について個人的な感想を紹介していきます。

 

ソン・チャオクはよくあんなににこやかにジェミョンの前にいれますよね~

インタビューもよく出来るなって思いました。

胸が痛まないんでしょうか?マジでずぶとい!

でもダルポを見つけてわざわざ話しかけるなんて、完全にビビってますよね!?

今まで自分が報道の力を利用していたのに、今度は逆に報道によって自分の首がしまっていきます。

でもここまで大ごとになったら気の毒に思う…

ジェミョンの編集で人の人生を変えることができるというセリフはかなり深かったですね。

日本の報道番組やバラエティー番組、情報番組などでもよくあることですが、編集の力って恐ろしい…

芸人さんとかでも面白くもなればその逆もあり得るし。

 

ダルポとジェミョンの約束するシーンは本当に感動しました!

というか悲しかった!

またこの韓国ドラマ泣かせる…

せっかく兄弟が13年ぶりに会うことが出来たのにもうお別れなんて!

とっても悲しい別れでした。

泣きながらハグしてる映像に涙を誘われます。

今後はハミョン一人でソン・チャオクに立ち向かわないといけないんですが、確固たる決心があるのでやり遂げていくでしょう。

でもイナが…

ダルポが家を出ていくシーンは泣きました~

あのダルピョンですら止めたにも関わらず、兄のことを想って出ていくなんて!

イナもおじいちゃんも泣いていて、こっちまで泣けてきました。

しかもチェ一家で撮った家族写真も置いていくなんて…

兄の家で並べた本当の家族の写真もなんか虚しく感じます。

12話のチャンスはマジで良いヤツでしたね!

ダルポのことを想って肩を持ってくれているし、兄弟の味方にもなってくれました。

高校生のときとは違って優しい男になってる!

成長!(笑)

そして安定でもボムジョも優しいですよね~

イナのこと、やっぱり諦めきれないってのも良いですし、

ハミョンのために、母親がMSCの株主だからなんかあったら言えという発言にもビックリ。

それだけハミョンを応援していて、恋敵にすら優しいなんて。

めちゃ倫理的だし冷静だし温厚だし。

ボムジョ最高!(笑)

 

ピノキオ12話「魔笛」の個人的なみどころやキュンキュンポイント

ピノキオ12話のみどころですが、

ボムジョがイナを諦めようとロサに電話し、結局諦めきれなかったというシーン。

 

主役じゃないのであんまりフューチャーされることがないですが、12話ではイナとダルポがバチバチ?

してる感じだったので、ボムジョがイナに対する想いが聞けるシーンにキュンキュンしました~

 

諦めようと思っていたのに結局諦めきれずって(^^;

個人的にはボムジョのイナに対する想いに踏ん切りがつかなかったのも、また良かったのかなと思います。

 

⇒韓国ドラマ【ピノキオ】13話のネタバレ!