七日の王妃12話「結婚と微かな不安」のネタバレ!

七日の王妃

韓国ドラマ七日の王妃12話「結婚と微かな不安」の動画視聴をしたので、ネタバレを紹介していきます。

さらに感想と見どころもあるので一緒にチェックしていただければ幸いです。

 

七日の王妃11話「守るための隠し事」では、

チェギョンはヨクに騙されていると王(ユン)にいわれ続けたまま結婚式をします。

しかしその直前、ヨクはソノの父親がいると思われていた所へミョンへたちが向かったと聞き、急いで向かいます。

 

実はそれはトスンジの罠。

その場にはユンもいて…

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

七日の王妃12話「結婚と微かな不安」のネタバレはこちら

やっと婚礼をするヨクとチェギョン。

ヨクは遅れてきますが無事到着し、式が執り行われている最中、チェギョンはヨクの腕から血が流れているのを見るのです。

 

その傷はユンに付けられたもので…

七日の王妃12話「結婚と微かな不安」のネタバレはこちらから!

兄弟喧嘩

※引用:https://www.kbs-tv.jp/sevendays/movie12_seven

チェギョンはヨクの腕から流れている血を見て、不安になり?泣いた結婚式が始まりました。

 

そのころソノは、ヨクがかくまっていた父親の所へ。

久々の親子の再会です!

 

しかしトスンジの手の者が付けていて…

 

チャイジョンはヨクにクギをさします。

そしてテビ様もチェギョンに父親ではなくヨクの方に今後味方をするようクギをさします。

 

式を終え、ヨクはみんなのことが気になり質店に。

トスンジの策略に気が付きます。

 

ソノは1人で帰ってきて、手紙を置いて消えてしまったと…

そしてソノの父親を追いかけるトスンジの下僕。

 

城に帰ったテビ様はユンの手当てに。

傷に気づいたからという感じでしたが、実際はヨクのことについての情報を得るためでした。

「母親の真似事は結構です。お下がりに」

 

と言われ、ヨクの身を案じているテビ様。

 

チェギョンは婚礼を挙げたのにすぐに出ていってしまったヨクに、自分はどうすればいいのかと戸惑っていました。

と、そこへユンが。

 

薬草などを届けに来たんですが、これからもヨクは傷を負うから必要だろうと…

チェギョンは

「兄弟喧嘩をされたのですか?」

と聞きました。

 

そしてまた間者になるという話しをされ、質店に行った時ヨクはいなかったのに、まもなくしてヨクが質店から出てきた。

ということを言います。

 

チェギョンにそれを言い、質店を調べさすつもりです。

 

帰宅したヨクに怒るチェギョンの初夜

夜になり、ヨクはやっと帰宅。

チェギョンはまだ起きていて、完全に怒っています(笑)

 

「もしや、痛いところやケガなどありませんか?」

するとヨクは食い気味に「ない」と(^^;

 

「数年前に怪我したものだと言われてもそれを信じます」

とチェギョンは怒りながら手当てします。

 

「もうケガをしないで。自分のためにお願いしているんです」

と泣きそうになりながら伝えます。

 

ソノは父親からの手紙を見ながら不安な気持ちになっていました。

と、そこにミョンへがたまたま帰ってきて、

「お父様は無事なはず」

と元気づけてくれました!

 

トスンジはソノのお父さんを捕まえることに成功。

そして王自ら拷問にかけるのです!

 

ソノのお父さんが先王の遺言書を隠していると思っているからです。

 

そしてとうとうそのまま自分で殺してしまいました!

 

チェギョンは布団を1組だけ敷き、自分はテビ様に言われているので離れで寝ると言います(笑)

離れに帰ろうとしたチェギョンに

「一緒にいよう」

と必死で手をとりました(^^;

 

そして待女たちの目を欺くために、チェギョンの代わりに乳母が変装して寝ます(笑)

 

質店を調べる

重臣が横領していると内部告発がありました。

他の重臣も同じ告発が集まっていて、チャイジョンはタニシからわかったことだと聞きます。

 

チンソンテグン=タニシ

だと気づいたようです。

 

チェギョンはまだ悩んでいました。

良い考えを思いつき、質店にお酒をありったけ持っていきました。

その酒をソノやソッキ達に飲ませます。

 

そのころユンはチェギョンとヨクのことが気になってしょうがありませんでした。

婚姻したのだから2人が一緒にいるのは当たり前だとわかっているんですが…

お酒がどんどん進みます。

 

ソッキ達を潰し、ヨクにお酒を取りに行かせました。

チェギョンは質店を調べ始めます、

「何してるんだろう」

と帰ろうとした瞬間、それをヨクが見てしまっていたのです!

 

チェギョンは泣きながらヨクに「畑を耕して静かに田舎で暮らしませんか?」

と言って2人は抱き合います。

 

その夜、ソノのお父さんの死体が質店の前に置かれていて、それを見たミョンへはビックリ!

 

お風呂に入っているチェギョンを待つヨク。

ヨクはソノの父親から言われていた、遺言書の隠し場所はチェギョンの背中に入れ墨があると聞いていたのです!

頭を悩ましながら待っていると、

そこへソノの父親が死体で帰ってきたと連絡があり、すぐに行ってしまいました。

 

チェギョンは不安な夜を過ごし、翌日質店に。

そこには血が落ちていて、ビックリして急いで中に!

血をたどって行くと地下室を発見してしまい…

 

スポンサーリンク

七日の王妃12話「結婚と微かな不安」の感想

七日の王妃12話の感想です。

 

チェギョンはヨクに隠し事があるとわかったまま結婚しましが、果たして良かったんでしょうか?

わかっているのに言い出さないし、なんか大きすぎて…

 

婚礼の後にめっちゃ遅く帰ってきたヨク。

そりゃチェギョンも怒るわ!

それに怪我したまま出て、帰ってきて、変な言い訳までされるし、不安になりますよね。

ユンから揺さぶられているわけですし。

 

隠し事があるのはわかってるけど、言ってくれるのを待ってる。

でも聞きたい。

それじゃあ不安がどんどん大きくなってしまいますよね。

 

一人夜泣いていて、すごく可哀想だなって思いました。

こっちまで苦しくなる…

 

ユンはユンでチェギョンが結婚したからなんでしょうか?

かなり寂しいみたいですね。

めっちゃ泥酔してこっちも可哀想に…

 

もっと早く恋心に気づいていたらとも思いますが、それでもチェギョンの気持ちは変わらなかったでしょうが…

もしかしたら運命変わってたかもですよね。

 

ソノとミョンへはこないだからなんか良い感じじゃないですか?

ミョンへはソノを気遣ってるというか。

自分らしくいれてますよね(^^)

こっちの恋も気になります。

 

七日の王妃12話 見どころ

七日の王妃12話の見どころは、

やっぱりチェギョンとヨクの初夜ですかね~

 

テビ様から別々で寝るように言われていたんですが、結局ヨクのペースになるのはとっても微笑ましかったです。

チェギョンも怒っていても、やっぱりこの人が好きって気持ちが伝わってくる良いシーンでした。

 

2人ともすごく可愛かったですね。

スポンサーリンク