七日の王妃16話「固い友情」のネタバレ!

七日の王妃

韓国ドラマ「七日の王妃」16話は固い友情!

タニシがバレてしまい、チェギョンの父親は絶体絶命です。

ヨクはどうする!?

 

七日の王妃15話「幸せなひととき」では、

全てを捨てチェギョンと生きようとするヨク。

2人は幸せな時間を久しぶりに共有しますが、タニシの一層計画を知り質店へみんなを助けに戻ります。

ユンはチェギョンがどうしてもほしいみたいで…

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

七日の王妃16話「固い友情」のネタバレ

父として娘のために王を裏切ることになってしまったチャイジョン!

運命はどうなる?

七日の王妃16話「固い友情」のネタバレについてです。

コチャンへ

※引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/nanokanoouhi/story/story16.html

「約束通りそなたの首をはねる。まずは娘からだ」

チェギョンも絶体絶命に!

 

ヨクは逃げる前にチャイジョンの立場を気にしたため、とっさにタニシの隠れ家を作っておくからそれを密告すればいいと考えたのです。

 

さらにタニシの隠れ家と模倣した家の持ち主はトスンジ!

トスンジはハメられたと言うんですが、チャイジョンも同時に自分もハメられたと…

 

そしてユンはもう一度チャイジョンを信じ、確固たる証拠を見つけるまで見逃してもらえました。

 

ヨクはミョンへから話を聞いていたのでプクチョンのところへ怒って行きました。

「ただちにタニシを解散させるんだ」

 

そう言ったのですがプクチョンの屋敷には反ユン派が集まっていました。

 

自宅に戻ったチャイジョン。

「王子様のおかげだ」

チェギョンに今後はもう守ってやれないから、チンソンテグンの妻としてこれから強く生きるように言います。

 

そして家に戻ったチェギョン。

ヨクと一緒に2人は急いで都を出ていくことにし、準備を始めます。

 

チェギョンは裁縫が苦手なんですが、ヨクに動きやすい服を縫うと言いますが、

「無理だと思う」

と…(笑)

 

ユンは昼間からお酒を飲み、信じられないくらい荒れていました…

完全に壊れ始めています。

 

ソノはミョンへが裏切っていたことを知っていたため悩んでいました。

そんな中、目の前で逆賊として捉えられている民が!

 

ヨクとチェギョンはそのころすでに都を出発していました。

ヨクはチェギョンのおかげで今の自分があると言い、幸せな2人の時間を過ごします。

 

都が気になるヨク

ユンはタニシとは別に自分の母親が廃妃になったため、廃妃においやった側近たちの始末をし始めます。

生きている親戚まで一掃し始め…

 

宿で休むチェギョンとヨク。

ヨクは都の城門が閉鎖されたことを知り、さらにタニシが一掃される計画を知るのです。

 

チェギョンのところへ戻ると

「なにも聞きません!政は全て王様と重臣に任せるのです」

と一喝!

 

着替え用と自分の荷物を出したヨク。

するとそこにはソッキたちからの手紙と贈り物が。

そこには「婚姻おめでとうございます。チェギョンさんににた子供を3人つくれ。進むべき道は違うけれどいつまでも味方です」

などと書いてありました。

 

その手紙を見たヨクは号泣!

 

ソノは目の前で罪もない民たちが連れ去られ、処刑されているのを目の当たりにし、

自分の父親のような運命をたどらせないためにと心を決めるのです。

 

チャイジョンは王の所へ。

「タニシの頭を捕らえました」

 

それを聞いたミョンへとプクチョン。

ミョンへはすぐにソノが代わりに出頭したのだとピンときます。

 

ソノの死

ソノは全ての罪をかぶって牢獄に。

すでに尋問されていたので血だらけです。

 

ユンは

「こう言えばいいのだ。チンソンテグンのために嘘を言ったと…」

ですがもちろんソノは吐きません。

 

「貴様を殺せばこの国は救われたのに」

とソノ。

ユンは公開処刑するように命じます。

 

その夜ヨクが都へ戻ることを泣きながらも許したチェギョン。

一緒に自分も行くと言い、この件が片付いたらコチャンへ行くとしました。

 

ソノに会いに行ったミョンへ。

ミョンへは泣きながら

「一人で酒を飲めと?あなたを失ったら笑えなくなる」

 

「最後に笑って。俺の最後は笑顔が良い」

と言い、翌日公開処刑の場所へ。

 

ソノは最後まで民をかばい、自分だけが罪をかぶることに。

そしてチェギョンとヨクも追いつき目の前で処刑されてしまいました。

 

怒ったヨクはその足でユンのところへ。

「王座をやろう」

と言ってヨクの持っていた剣で自分の腹を刺し、さらばだと…

スポンサーリンク

七日の王妃16話の感想

※引用:https://www.kbs-tv.jp/sevendays/movie16_seven

七日の王妃16話「固い友情」の感想についてです。

 

いやー話がさらにこじれてきましたね。

なんでこんなにも上手くいかないんでしょうか?

 

チェギョンも苦しい立場ですよね~

愛している旦那さんを守りたい気持ちはもちろんあって、でも父親や家族、またチェ一族全てを背負っているんです。

責任が大きすぎて可哀想…

 

ただ王子様を好きになって、王様がチェギョンを好きになっただけなのに…

 

ヨクもツラいですよね。

王になるという宿命を背負っていて、さらに目の前で暴君となっている兄の政をみていて止められないんですから!

 

でもこんな大変な時でも2人は夫婦としてお互い思いやっているんだなって感動します。

 

ソノの出番が16話で終わってしまいましたね…2PMファン的にはどうなんでしょうか?

 

でもこんな最後だったなんて。

なんか本当に胸が痛みます。

人のために自分が命はって処刑されるなんて。

 

みんな目の前で見るしかなくてもどかしかったでしょうね。

悔しさしか残らないし、恨みしかないだろうに…

 

ユンはろくな死に方しなかっただろうに。

 

それとトスンジが腹立つーーー

キャラ的にめっちゃ嫌いだわ!

 

七日の王妃16話 みどころ

七日の王妃16話のみどころは、

宿屋について、ヨクが自分の荷物をあけてソッキたちの手紙と贈り物を発見したシーン。

 

もうめっちゃ感動!

始めはあんなにもういいよ、行けよ!みたいな雰囲気だったのに、あれはきっとヨクのためだったんでしょうね。

 

実はヨクのことを恨んでなくて、友として幸せを願っていたんですね。

もう感動~

スポンサーリンク