テバク17話の視聴を済ませたので、

ここでネタバレとあらすじをセットで紹介していこうと思います。

テバク17話は「濡れ衣」いや~展開が気になりますね。

テバクの動画視聴が全話無料で!?

 

テバク16話では、

実は良い人だった?コルサが殺され、なんとそこにはタムソが!

濡れ衣を着せられているテギルはどうなるんでしょうか・・・

テギル17話のネタバレとあらすじ「濡れ衣」

ヨニン君は身を心配する母によって今まで頑張ってきた計画失敗。

しかし新たな権限が与えられ・・・

テギルはコルサを殺したと濡れ衣を着せられ

コルサの娘はヨニン君に

「はっきりこの目で見ました」

と父親の殺人犯はテギルだと主張するんですが・・・

 

タムソと会ったテギル。

「六鬼神(ユクキシン)とコルサを殺したのか?」

「私の話を信じる?」

「悪に染まった六鬼神(ユクキシン)は死んで当然よ。コルサも悪行を重ねてきたわ。だけど私は殺していない」

 

「事実を話しても信じないのね」

「どうしてこんなことに?なにがあったんだ」

「いずれわかるわ」

と久々の再会なのに温かみのない会話をした2人。

 

連れ去られたソリムがいるのは?

そのころ連れ去られたソリムを探しているおじいちゃん。

ソリムは犬斫刀(ケジャクトゥ)のところにいました。

 

「待っていても無駄だぞ。誰も探しに来ない」

ソリムを装い残した手紙には、”今までありがとう。元気で”という内容でしたが、わらじが片方しかないため探しに行こうとしていると、

そこに兵を連れたヨニン君が!

捕らえられてしまいます!

 

ボクスンは自分の息子が捕まったことを知り焦り、

イ・インジャは王の出方を上から見物するようです。

王は「イ・インジャめ。あの虫けらが」と、お互いわかっているようです。

 

ヨニン君は

「必ず犯人を捕まえる。ここでおとなしくしていろ」

と信じてコルサの娘のところへ。

 

「なぜペク・テギルをかばうんですか?」

「ペク・テギルを信じているからだ」

「父が最後持っていた札です」

コルサの娘は10点の札をヨニン君に渡しました。

 

「犯人には相応の代価を払わせる」

そう言って王宮へと帰って行きましたが、外で足早に行くボクスンを発見。

 

息子が気になるボクスン

ボクスンは拷問されているテギルのところへ行き、人払いをし2人きりに。

「大丈夫ですか?答えなさい、本当に人殺しを?」

「スクピン様はなぜ私に?」

「ヨニン君の友だと。たった一人の。誰の仕業だ?」

「イ・インジャをご存知ですか?」

「決して許さない。操の息の根を止める」

 

ボクスンはテギルの手をとり、

「もう少しの辛抱よ」

今度こそ守って見せる。と心の名で言うのです。

 

それを見ていたヨニン君は、あんなに怒る母親の姿を始めてみたと思い、テギルの誕生日を確かめます。

日にちまではわかないと言われますが、どうやら感づいたみたい。

 

スクチョンはイ・インジャの息がかかった大臣を集めて一括!

ですが余裕そうです。

 

テギルを助けてくださいとスクチョンに言いに行ったボクスン。

ヨンスはもう大人だ。そなたの助けがいらぬほど」

「生かすか殺すかは私が決める。これ以上を口を挟むと傷つくぞ」

と言われます。

 

ヨニン君を弓に誘ったスクチョン。

「イ・インジャを捕まえたいか?」

「そなたに機会を与えてやる。猟犬になるペク・テギルを連れてこい」

テギルをヨニン君に託しました。

 

イ・インジャも本格的に動くようです。

「時が来たと伝えろ」

同士らを集めるようですね。

 

コルサを殺した真犯人

コルサの娘が捕まっているテギルの元へ訪ねてきました。

コルサが最後にもっていた札をみせられ、濡れ衣を着せた相手は誰なのかわかったテギル!

犯人は犬斫刀(ケジャクトゥ)だったんです!

 

「犯人は俺だと思いたいのか?犬斫刀(ケジャクトゥ)を恐れているのか?」

「暗殺団体を裏で取り仕切ってる」

「証拠がない以上あなたが犯人よ」

とそこにヨニン君がテギルを放免しに来たと。

 

イ・インジャは犬斫刀(ケジャクトゥ)がコルサを殺したことで朝鮮一の交易場、マンボが手に入ったと喜んでいました。

「今夜ペク・テギルがお前を訪ねてくるだろう」

見物人も用意したと言っていますが、さてそれは・・・

 

王に謁見したテギルとヨニン君。

必ず今日中に犯人を捕まえると言うのですが、もし捕まらなかったらと聞かれると・・・

「全てを手放します」

と答えたヨニン君。

さらに犯人が捕まらなければテギルは斬首刑に!

 

10月6日生まれだと思いだしたテギルはヨニン君に言うんですが、

「ペク・テギル、お前は私の兄なのか?」

と驚いているようで・・・

 

そのまま

ボクスンのところへ行ったヨニン君。

「もしかすると兄上は生きているのでは?兄上はペク・テギルなのか答えてください」

ストレートに聞いたヨニン君。

 

「その通り。生まれてすぐに母のそばを離れました。あの不憫な子があなたの兄上です」

「誰もがあの子の死を願った」

泣きながらヨニン君にテギルのことを言うボクスン。

 

テバク17話 みどころ

テバク17話のみどころについて。

テバク17話のみどころは、

濡れ衣で捕まってしまい拷問を受けているときにボクスンが登場したシーンですね!

 

何年経っても母の愛は偉大なんですね!

もう大人になり別人になったであろうテギルですが、やっぱり息子。

母親として守ってあげたいって気持ちがとっても素敵でした。