いよいよ最終回まであと2話となったテバク28話!

テバク28話を字幕視聴したので、ネタバレとあらすじを紹介していきます。

テバク28話のネタバレとあらすじ「民のために」

テバク27話では、

イ・インジャの計画をとことん崩していく、さらに裏をかいた計画によりどんどんテギルたちは反乱の火を小さくしていきます。

ですがイ・インジャの執着がすごい!

諦めきれないようです。

テバク28話「民のために」のネタバレとあらすじをチェックしていきましょう~

イ・インジャの暴君っぷり

密豊君は

「この辺りで辞めたらどうだ?民たちの食料を奪ったそうだな」

「略奪ではなく犠牲です」

「村を略奪して民たちの命を奪った」

 

そしてある民が

「あなたのためでなく密豊君のために来ました」

と発言。

するとイ・インジャは怒って斬ってしまいました!

 

この行動には密豊君とファン・ジンギも驚き、憤慨します。

斬られた民の墓を作ったファン・ジンギ。

その墓に密豊君は「すまない」と・・・

 

一方テギルはヨニン君のいる安城へ。

「あと5日くれるという約束では?」

「そなたの役目もここまでだ。ここからは私が反乱軍を制圧する」

「私が武力を使わず兵力を半分に出来た理由を?民を信じているのです」

「武器を持たなくてもこの乱を平定することが出来るのです」

ヨニン君を説得しようとしたテギルでしたが、ヨニン君は聞く耳を持ちません!

 

そうして話しているうちにイ・インジャが率いる反乱軍が到着してしまいます。

まだチョン氏たちの援軍は来ておらず、不安そうな顔のファン・ジンギ。

 

イ・インジャが到着するやいなや、

「逆賊全員を皆殺しに・・・」

「待ってください!殿下、先王に誓いました。殿下をお守りすると」

そう言ってテギルは剣を抜き、ヨニン君に向けます!

 

全ては計画通りに

すると安城にもともといた大臣?たちが急にヨニン君に剣を向けたんです!

 

それを(ヨニン君に恨みがある者がいる)知っていたイ・インジャ。

安城から白旗が振られました!!

 

そしてすぐに門が開かれ、密豊君たちは入って行きます。

すると門が閉められてしまいました!

さらに弓がイ・インジャたちの方に向けられ・・・

ヨニン君が出てきました!

 

ヨニン君は死んだと思っていたイ・インジャ。

テギルの策略にやられましたね・・・

 

そしてファン・ジンギらと一緒に後退。

密豊君は一緒に城に入った民たちに、イ・インジャと謀反に加わるなと言います。

実はテギルは前日密豊君と会っていて、これも全て計画通り。

 

ヨニン君に剣を向けたのも計画通りだったんです!

 

謀反に加担した密豊君、民たちの前にヨニン君が。

「武器を捨てよ」

「もうすぐ反乱は終わり皆さんは故郷に帰れます」

とテギル。全員がヨニン君に頭を下げています。

 

するとこの状況に7千もの人の命を救ったとヨニン君。

しかしテギルの役目はここまでだと言われてしまいます。

 

一方後退したイ・インジャたちに、ファン・ジンギは

「これ以上は難しいでしょう」「これは間違っています」と言うのですが・・・

 

強行突破のヨニン君にテギルは・・・

今夜奇襲をかけるとヨニン君は兵をつれて夜出ていきました。

ガチは兵士に対し、刀の使い方もわからない民たち。

ファン・ジンギも加勢しますが、やっぱり兵の方が強いです。

 

「おやめください!」

とテギルが来るんですが、さらに銃を撃って反乱軍を一層します。

そんな戦いの間でテギルは1人ツッコミヨニン君とイ・インジャの説得を図ります。

 

するとソリムやおじいさんたちも間に入ってきて攻撃を止めるように訴えました!

テギルは銃弾を浴びています。

ヨニン君はそんな姿を見て攻撃を止めてくれました。

 

イ・インジャは「まだ終わってはいないぞ」とテギルに言います。

「俺の命を賭けて誓う。あんたが正しいことを証明したら俺は手を組む」

「どうやって?」

「天に委ねろ」

 

テギルは度々自分の命を救ってきた硬貨を取り出し、ここでイ・インジャと賭けます。

「俺が勝ったら何もかも諦めると」

イ・インジャは了承してくれました。

 

コインを回します。

イ・インジャは表。テギルは裏です。

「俺は勝てる勝負しかしない」

硬貨は裏でした!

 

「すまないが約束は守れない。明日には援軍が到着する」

「チョン氏とパク氏ならもう終わった」

なんとマングムとキム・チェゴンが先に潰していたのです!

 

裏切ったファン・ジンギ、とうとうイ・インジャ捕まる

マングムはパク氏を捕まえ兵に託し、

キム・チェゴンはチョン氏を斬ったようです!

 

それを聞いた反乱軍の民たちは剣を下ろします。

そしてファン・ジンギはなんとイ・インジャに剣を向けるのです。

「悩みました。生かして差し上げようか、一緒に死のうか。最後は見守ってあげないと」

「潔く死にましょう」

「やめよ!民の命だ。まだ早い」

とテギルはファン・ジンギを止め、イ・インジャはまたもや捕まってしまいます。

 

イ・インジャは今度こそ本当に終わりです!

 

ことが終わり、テギルは撃たれたためヨニン君の目の前で倒れてしまいました。

 

テギルは気が付くと布団の中。

1日と半日気を失っていたそうです。

反乱軍の民たちはテギルのおかげで助かったと崇めます。

 

そのころヨニン君は密豊君と会っていました。

「大儀だったのか?欲だったのか?」

と聞かれ、正直に答えた密豊君。

ヨニン君は命は奪わないことにしたようです。

 

そしてヨニン君は王宮に帰って行きました。

「イ・インジャの処分について決めかねている」

と大臣たちの前で言うと、八つ裂きの刑に!などと口々に・・・

 

するとチョン氏とパク氏の首が大臣たちの目の前に届くのです!

 

テバク28話のみどころ

テバク28話のみどころですが、

もちろんテギルが銃弾の中ツッコんでいって、イ・インジャとヨニン君両方を止めたシーンがみどころ!

 

普通じゃあり得ないシーンで死んでしまってもおかしくはありませんが、テギルは強運の持ち主なので(^^;

逆らったファン・ジンギも良かったし、テギルを信じて待っていたヨニン君も良かったなと思えるシーンでした。

とっても良かったです。

 

テバク28話の動画視聴ならココ!

テバク全話のネタバレ