韓国ドラマ「テバクー運命の瞬間ー(とき)」19話を字幕で視聴したので、

19話「明かされた真実」のネタバレとあらすじを紹介していこうと思います!

テバクの動画視聴を無料でするにはこちら!

 

テバク18話では、

イ・インジャの足だった犬斫刀(ケジャクトゥ)が死に、汚名を晴らしたテギル。

しかしまたもやこれはイ・インジャの計画通り。

そして自分が何者なのかを知るテギルですが・・・

スポンサーリンク

テバク19話のネタバレとあらすじはこちら!

とうとう自分がボクスンの長男であり、ヨニン君の弟だと知ったテギル、

そのことについてイ・インジャに連れていかれるのですが・・・

テバク19話「明かされた真実」のネタバレとあらすじはこちらから~

自分の出生を知ったテギルは?

「誰もが知っているが、口にしてはならない歴史、お前が生まれる前今上とスクピンがどうやってであったのか」

「お前はヨニン君と兄弟だ」

「思い当たるところがあるだろ?」

「どうしてこんな話を俺に?俺は変わらない」

「ペク・テギル、お前の父親はは今上だ」

テギルは動揺を隠せないようで、聞かされた今でも真実が受け入れられません。

 

一方ヨニン君とタムソ。

「どうしてこんなことに?」

「ヨニン君様との縁はあの時終わりました。やっと自分の道を見つけました」

「人殺しがそなたの道だと?」

「この世の悪を成敗するのが私の道です」

あの日ヨニン君に会わなければこんな運命にはならなかったとタムソ。

 

お互い辛そうな表情です。

 

全ての真実を聞かされたテギル。

朝になり、ヨニン君とスクチョンに謁見します。

ヨニン君は心の中で”兄上”と言いますが・・・

 

王の計画

スクチョンは犬斫刀(ケジャクトゥ)を死なせてしまい、更には時間までに戻らなかったことから、

自分の言うことを聞くか、それとも罰を受けるかの選択を迫ります。

「おっしゃってください」

とヨニンに、

「イ・インジャを2人で捕らえよ」

という内容でした。

とうとうこの時が来たようです。

 

それから2人はボクスンのところへ。

ボクスンも、自分が母親であることをテギルが知ったと号泣!

テギルを前に

「あなたをもっと早く見つけていれば。許して。この愚かな母を許してください」

ですがテギルはその手を振りほどき、

「混乱しています。また後日お伺いします」

と出ていきました。

 

「母上はお前に許しを乞うていたぞ」

「兄どころか、俺は弟と母親が一気に現れたんだぞ。時間が必要だ」

まだ受け入れがたいようですね。

 

帰ってきた師匠キム・チェゴン

ムミョンの報告により、キム・チェゴンが王宮へと戻ったことが聞かされます。

「私とチョン氏の接触を知れば、今上は何をするかわからない」

「今上が剣を抜こうとしている。私も動かねば」

テギルや大臣たちの動きを探らせます。

 

ソリムとおじいちゃんの待つ家に帰ったテギル。

ご飯を食べていると怪しい影が・・・

 

と、そこにはキム・チェゴンが!

会いに来てくれました。

「問題が片付くたびに人が増えるな」

とおじいちゃん(笑)

 

ホンメが密かにテギルたちの様子を伺っていますが、全く怪しい動きはなく、

他の大臣たちも普段通り。

とくに変な動きはなかったとイ・インジャに報告します。

 

キム・ジョンヨル(チョン・ヒリャン)の動向を見に行ったファン・ジンギ。

こちらもとくに変わった動きはなく・・・

 

イ・インジャを捕らえる計画始動

そしてチョン氏と会うために出かけたイ・インジャ。

そこにはなんとテギルが!

「よく来たな」

兵を引き連れています。

 

そしてチョン氏の家にはファン・ジンギ。

キム・チェゴンとヨニン君、さらには兵を引き連れています。

 

ヘンスのところにも!

 

実は、スクチョンからイ。インジャを捕らえよと言われ、

「恐らく私はチョン氏をみました。2人は密会を約束していたようです」

そして、テギルの計画通り、

いつもと変わらないように振る舞い、イ・インジャらの気を緩めたところで捕らえたんです!

 

イ・インジャたちを捕らえることに成功しました!

 

牢に入れられても余裕そうなイ・インジャ。

ヨニン君もそれはわかっていて、明日の朝に備えるようです。

 

王宮を出たキム・チェゴンとテギル。

「イ・インジャを牢獄にぶち込めて気が晴れたか?」

と聞かれますが、

「師匠の言うとおりだ。人生の目標が復讐だけだったら寂しくてわびしかっただろう」

「師匠は知っていたんだな。俺が何者か」

「どうでもいい話しだ。お前は私が教えなくてもここまで上り詰めただろう」

そしてマングムを想うテギル。

 

イ・インジャが捕まったと聞き、

ホンメ、ボクスン、そして大臣たちもざわざわ。

王が自ら動くことに緊張が走ります。

 

捕まえたイ・インジャにスクチョンは?

イ・インジャたちの拷問が始まろうとしていました。

 

罪名を伝えたヨニン君ですが、いちいち口ごたえしてきて

「証拠はありますか?」

などと言われてしまいます。

 

そこへスクチョンが入ってきました!

チョン氏のことを聞きますがはぐらかすイ・インジャに

「2日後の正午、極刑に処する」

と!!

有無を言わさずです!

 

大臣たちは謀反になるか、ならないかを議論していますが、

「謀反か謀反でないかは関係ない。私が命じたのだ!私が!」

かなり怒っているスクチョン。

 

大臣たちもその姿にビビりまくりです(^^;

 

そしてフォン王子を連れて散歩に出かけたスクチョン。

「ペク・テギルとは何者なんですか?みなが噂しています」

「たいした男ではない。気にするな」

 

家に帰ったテギルのところに、コルサの娘が分け前分を持ってきます。

しかしテギルは

「資金が必要な時はいう。管理を頼む」

「父を殺して卑しめたこと、ごめんね。この件は必ず返すから」

2人を見ているソリムはなんか複雑そう・・・

 

テバク19話のみどころ

テバク19話のみどころですが、

テギルは自分が王の子であり、ボクスンの子だとわかり、

ボクスンと会ったシーンと、キム・チェゴンと話したシーンがみどころ。

 

ボクスンは涙でいっぱいになり、とにかく謝ります。

生きていると知っていて、ずっと名乗り出たかったのに出来ず、抱きしめることも出来なかったボクスン。

やっと手を握ることが出来ましたね。

 

キム・チェゴンは王の子だとうすうす気がついていたようで、

テギルもそのことがわかったんですね~

どんな身分でもテギルが気にいって教えたでしょうね。

 

テバク全話のネタバレ

スポンサーリンク