韓国ドラマ「テバクー運命の瞬間ー」の9話を視聴したので、

9話「自分の道」のネタバレとあらすじを紹介していこうと思います!

テバクの動画視聴ならこちら!

 

テバク8話では、

とうとう記憶が戻ったテギルはイ・インジャの元へ。

しかし賭けをしてイ・インジャに負けてしまい、敵討ちはまたもや持ち越しとなりました。

テバク9話「自分の道」のネタバレとあらすじ

もっと大きな力が必要だと思ったテバクはある男の元へ。

テバク9話「自分の道」のネタバレとあらすじはこちらからどうぞ!

自分の道を開くテバク

タムソに逃がしてもらい自分の家に帰ったテバク。

おじいちゃんからイ・インジャが目隠ししていても札の数を当てられたトリックについて種明かしされます。

 

そして、おじいちゃんの昔ばなしが始まり、

「俺には悪縁がいる。1人はこの片目を奪った者。もう1人はイ・インジャ」

「この国で5本の指に入るいかさま師だ」

なぜマングムが殺されてしまったのかはわからないテギル。

 

まだ赤ちゃんだったころ、イ・インジャからマングムが「殺す」と言われたことを知りません。

 

「俺はイ・インジャより強くなって帰ってくる」

そう言って出ていったあと、運だめしにおじいちゃんが駒を振ると”大船”と出ます。

「自分の道を見つけたか~」

と嬉しそうです(^^)

 

ヘンスがイ・インジャと話しています。

また例の占いの力で、「イ様の側近として申し分ないでしょう」

と言ってファン・ジンギという男を選出。

ですがファン・ジンギは幽閉されていますが・・・

 

さらにはファン・ジンギは「帝王の剣」と呼ばれる男、キム・チェゴンと因縁があると・・・

そのキム・チェゴンのところに向かったのは、テギル!

 

キム・チェゴンの弟子になりに来たテギル

弟子にしてくれと言いに来ましたが、もちろん拒否されてしまいます。

しかし弟子にしてくれないのならと、

「生かすも殺すも好きにしろ」

と言って、またテギルは自分の命を賭けて塩田の主人の屋敷へ向かいました。

 

テギルは1人でソリムたちを逃がしに来たのです!

ここは自分が食い止めると、奴隷たちを逃がし、自分は捕まってしまいます。

「あいつらはここに連れ戻されたら死ぬんだ」

と言われると、そこにソリムが捕まって戻ってきてしまいます。

 

目の前でソリムを殺されそうになるテギル。

「頼む、助けてくれ!一生かけて100倍、1000倍にして返すから!」

と叫ぶと、遠くから石が飛んできました!

 

もちろんキム・チェゴンです。

するとキム・チェゴンの後ろから、さっき逃げたはずのみんなが武器を持って戻ってきて制圧!

拇印が押された契約書を燃やしていき、これでホントのホントに自由の身となりました!

 

ボロボロになっているテギルを前に、ソリムは

「いつか必ずまた会おう」

と言って故郷へと帰っていきました。

 

そしてテギルはキム・チェゴンの弟子となりました!

さっそくその夜から訓練が始まります。

 

基礎が早々に終わり、

「私に勝ったら下山」「腕立て伏せ1000回で下山」

などと言われ、テギルは必死で頑張ります。

 

つまり師匠を越えることが出来れば合格、下山となるようですね。

しかしキム・チェゴンは驚くほど強いですが・・・

 

イ・インジャ新しい側近にファン・ジンギ

イ・インジャは密かに動きます。

ファン・ジンギを迎えに行ったタムソたち。

ファン・ジンギは自分の剣を探して手に入れ、持ち帰ります。

 

さっそくイ・インジャがおでまし。

近づいていき何をするのかと思えば、イ・インジャの前で膝をつき、母親の面倒やら葬儀やらを行ってくれたと感謝の気持ちを伝えます。

「私で良ければお力になります!」

 

すぐにファン・ジンギはイ・インジャに使えだします。

 

「お前ほどの凄腕がなぜ捕まったのだ?」

「あの日酒さえ飲まなければ・・・」

キム・チェゴンに負けたため捕まってしまったようです。

そしてイ・インジャは「ヤツの首を獲れ」と命令しますが・・・

 

テギルは弓の腕がなかなか上がりませんでした。

テギルは単純に疑問をぶつけ、

「至近距離でも矢をよけられるか?」

暗闇の中で1メートルくらいの至近距離です。キム・チェゴンは当然のようにテギルの放った矢をキャッチ!

さすが師匠~

 

「私の弟子になった目的は?」

「イ・インジャの首を・・・」

「ならすぐに下山しろ。夜中襲えばお前の腕でも殺せる」

「なぜおまえを弟子にしたと?金では買えないものを得たのに、お前の器はその程度か?」

 

テギルの人としての魅力、可能性に惹かれ弟子にしたようですね。

 

ヨニン君のところにファン・ジンギが脱獄したという知らせが!

さらにはそのことでイ・インジャから呼び出され、1人で向かいます。

 

「私と命を賭けて決着しませんか?」

「いいだろう。ここで私とそなたの運命を占おう」

イ・インジャの挑発に乗ってしまったヨニン君ですが・・・

 

テバク9話のみどころ

テバク9話は、

虎を倒した男がキーマンだと思ってましたが、それがかなり国でも有名人物だったとは・・・

テギルの引きは相変わらず良いですね!

 

テバク9話のみどころは、

塩田で奴隷のように働かされていた、かつての仲間を救うシーンが9話のみどころ。

 

逃がした後ボコボコにされたテギルだけが残っていましたが、

結局はみんなカマとかクワを持ってきて助けてくれるという。

テギルを見捨てないってところが良かったです!