韓国でも日本でも大ヒットした韓国ドラマ「雲が描いた月明り」

このドラマでパク・ボゴムさんを好きになった人も多いんじゃないでしょうか?

 

主演はパク・ボゴムさん×キム・ユジョンさん。

キム・ユジョンさんが可愛い!とファンになった人もいて、ドラマだけじゃなくてキャストにも大注目が集まっていました!

今更ながら、雲が描いた月明りの1話を動画視聴したので、ネタバレと感想を紹介していきます。

1話は「月明かりの縁」綺麗な題名ですが、2人の出会いは綺麗じゃない!(笑)

 

雲が描いた月明りの1話が限定公開中です!!

 

スポンサーリンク

雲が描いた月明り 1話「月明かりの縁」のネタバレ・感想

雲が描いた月明り 1話のネタバレ

ポンコツな王子

主人公ヒョミョン(パクボゴム演じるスンジョ王の長男でセジャ)

ヒロインであり、男として普段から過ごしている普通の平民ホン・ラオン(キム・ユジョン)

 

ラオンのところにある男が恋愛相談に来ます。

その男は身分違いの恋をしていて、どうにか想いを告げれないかと思っていました。

ラオンはさっそく作戦を練り、実行させます。

するとなんと狙い通り!上手くいくのです!

 

一方セジャであるイ・ヨンは勉強中。

「セジャが学問に精進する姿を見て余は安心したぞ」

と近くを通りかかった父、スンジョ王が言います。

 

ですがボロが出てしまい、寝坊してまともに勉強もしていないことがバレてしまいます!

スンジョ王は怒ってその場を後にしますが、ヨンは全く気にしてない様子(^^;

 

ラオンはサムノムだと男の格好をしているとき名乗っていて、

「金のためなら何でもする男」だと言われていました。

父親は血がつながっていませんでしたが、病気がちの父に薬を買ってあげたり、借金を返す生活を送っていました。

 

ラオンとヨンの最悪な出会い

ラオンはある若君に呼び出され、彼が恋するミョンウン王女(ヨンの妹)に、若君の代わりに恋文を書きます。

それを知ったヨンはミョンウンには返事が来ず、自分が実際に行き、会うことにしました。

勝手に城を抜け、街へ繰り出します!

 

街ではラオンたちが王とセジャに扮し、面白おかしい芸を披露していました。

そこで怒ったヨンは声を荒げますが・・・

 

ラオンは若君の代わりにミョンウンと会うことになります。

緊張しいで上手く話せないからという理由で、さらに謝礼金があったため引き受けることに。

ある山小屋まで向かったラオン。

 

「どうせ結ばれぬ運命だ。禁じられた恋をしてしまった」

と若君に聞いていて、そこに現れたのはなんと男!

もちろんこの男はヨンです。

 

ラオンは完全に若君が恋していた相手がヨンだと勘違いしてしまいます(笑)

 

そしてラオンは持ち前の演技力で愛を語り始めます。

「一生の思い出を作りましょう」

とヨンを誘い、雑炊を食べに行きます。

 

するとヨンはラオンを連れ出し、なんと短剣を首に向けたんです!

「人を使わずここまで来たのは立派な男が現れるのを期待していたからだ」

両班(ヤンバン)のフリをしていたことがバレてしまいました。

 

ラオンは誤魔化しますが、「どの屋敷のものか案内しろ」と言われてしまい・・・

 

ラオンがくっつけた駆け落ちカップルが船に乗る前、あるイケメンとすれ違います。

ヨンを連れて行ったのはなんと肥溜めの穴!

ヨンを落とすんですが、ラオンも道ずれにされてしまいます。

2人とも穴の中に落ち、ヨンがラオンを抱っこして抜け出さるのですが、なんとラオンは

「半時以内に人を呼んできます。本当にすいません」

「次に会ったら許さんぞ!」

逃げてしまいます(笑)

 

月明かり下、再会する2人

ラオンは駆け落ちカップルをくっつけたためお尋ね者に。

船から降りてきたイケメンに助けられます。

「今回は助かっただろうが、逃げて暮らすのは大変だぞ」と言われていると、

なんとあるやからたちに借金返済のために捕まってしまいます!

 

ラオンが売られ、連れていかれたのは宦官になるために下を切るところ。

去勢する医者?は酒をかなり飲んでいて、上手い具合に言いくるめて記憶を飛ばせます!

そして自分で自分を傷つけ、手術したように偽装。

 

去勢師は上手くいったと喜ぶのですが・・・

 

一方ラオンを最後まで待っていた義父ですが、ラオンが現れないため街を去って行きます。

 

ミョンウン王女はなかなか文をやり取りしていたのに返ってこないことに気をもんでいました。

そこでヨンはお見合い冊子?を持って来るんですが・・・

 

ラオンは次に去勢師が内官の試験を受けさすために王宮内にある試験会場に連れていかれました。

夜にコッソリ抜け出そうとしていると、

なんと月明かりの下、ヨンと再会!!

 

「また会えたな、犬っころ」

とニヤッとされます(^^;

 

雲が描いた月明り 1話の感想

女の子が男装して皇宮に入り、のちに王となるセジャと仲良くなる。

そして恋に落ちるという王道ストーリー。

王道ストーリーですが、やっぱり王道!面白い予感しかしません!

 

雲が描いた月明り1話の感想ですが、

まあありがちな主役2人の最悪な出会い。

でもまさかラオンが勘違いして男が好き同士だと思うとか!

笑えました~

で、さっそくヨンには両班(ヤンバン)でないことがバレるし(^^;

 

ラオンが代わりに行くよう頼んだ若君の恋してる相手はなんと王女様!

それに王女様も手紙の返事を待っていて、なんかイイ感じじゃないですか~

でも王女様・・・あの時代にしては珍しいふっくら具合(笑)

特殊メイクなんでしょうが、ほんと良くできてる!

でも美人が隠せてないなーって思いました。でもそこがまた良いんでしょうけど。

 

ラオンは義父に置いていかれて、ここに一人で残らなくちゃなりましたが、いったい抜け出したとしてもどうやって生きていくつもりだったんでしょうかね~

 

月明かりの下で再会した2人。

2話が気になる展開です!

 

1話のゲストは去勢師ですね!

時代劇にはかかせないイ・ムンシクさん。

テバクではグンちゃんのお父さん役だったし、奇皇后では内官してて、イルジメでは義父役。

チェオクの剣や善徳女王にも出演されてましたね!

めっちゃ韓国時代劇にでてて、観たことあるなって人も多いはずです。

スポンサーリンク