韓国ドラマ「雲が描いた月明り」6話を動画視聴しました!

それで6話のネタバレと感想を記事にしているので参考にしてみてくださいね。

6話は「言えない秘密を言いたくなるとき」さて、誰のどんな秘密がバレてしまうんでしょうか?

スポンサーリンク

雲が描いた月明り6話のネタバレと感想「言えない秘密を言いたくなるとき」

雲が描いた月明り5話では、

踊り子=ラオンに見えてしょうがないヨン。

そんなところにユンソンが来てラオンを連れ出そうとするのですが、ヨンがラオンの手をとって私の人だと発言!

この三角関係はどうなる!?

気になる続きの6話、ネタバレと感想はこちら!

雲が描いた月明り6話 ネタバレ

雲が描いた月明り6話のネタバレについてです。

秘密を知っているユンソン

「連れて行くのが私だから?」とユンソンは堂々とヨンに言います。

2人のバチバチな空気を感じてオドオドするラオン。

 

そこに妓生が来て、ラオンは嬉しそうな態度をわざと取ります。

するとヨンはユンソンとラオンを置いて帰ってしまいます。

 

ユンソンはラオンと楽しいひと時を過ごしていると、そこに仮面をかぶってある物を盗んで追われているビョンヨンが!

ラオンとユンソンに顔を見られた!?

でも気付いてなさそう・・・

 

ビョンヨンはチャヒョン堂へ帰って傷の手当てを自分でしています。

 

次の日、

あれから楽しんだか?と聞かれ、ま、まあと答えたラオンに、

「昨日言ったことは撤回する。お前が男だということを忘れていた」とヨンはご機嫌斜めに(^^;

 

皇宮へ一緒に娘を連れてきたイエジョパンソ。

ハヨンは王女様と子供の時から一緒にいたので王女を訪ねますが、そこになんとヨンが!

2人は再会し、セジャだとわかったハヨンはきちんと挨拶します。

 

そのころビョンヨンは悪事を働いている商人の冊子?みたいなのを盗んで来ていました。

ヨンにも言われていたため1冊は自分の懐へ。

そしてホン・ギョンネの子供を調べるように言われます。

 

ハヨンはミョンウン王女のところへ。

何度もこれから来るつもりだと言います。

 

ラオンを見ると腹が立つ?

マ内官は事前に清の使節団のテガンに欲しいものをあげることが出来るって言っていて、

その夜ラオンはテガムがいる太平館に呼び出されます。

「あの美しい踊り子の正体はお前か?」

と言われ、すぐ表情に出るラオン。

汚い手で触られ始め、セジャの運命はお前にかかっていると脅されてしまいます。

 

「放してください」と突き飛ばすと、襲い掛かってこられ・・・

ですがヨンが剣を持って入ってきます!剣を突きつけ、ラオンの手をとって部屋から出ていきました!

王はそのことを聞いて激怒!

王妃はニヤッと嬉しそうです。

 

「なぜ私を怒らせる」とラオンに怒っていると、なんとラオンは捕まってしまい、幽閉されるのです。

 

騒ぎを聞いたユンソン。

太平館に連れて行ったのがマ内官だとわかり、さっそく呼び出します。

「ホン内官に手を出すな」

「すると私が知っている秘密を・・・」

というと、なんと銃を暴発!

「ホン内官の秘密をばらそうとするものは容赦なく殺すつもりだ」

と笑顔で言います。

 

その夜ビョンヨンにモクテガムの闇取り引きの証拠を必ず見つけるように言うヨン。

それからビョンヨンに影武者をさせ、東宮殿から幽閉されたラオンに会いに行きます。

「お前を見ると腹が立つ。俺のせいだ」

「一つ約束しろ。今後何があっても誰かのために我慢しないと、私のためならなおさら」

とラオンに言い、見つめ合う2人。

 

ラオンは清へ!

モクテガムはかなり腹を立てていて、なんとラオンを連れて行って清の法で処罰すると言ってきたんです!

ユンソンはビョンヨンに会いに行き、

「力を貸してくれ」と言いに行きましたが・・・

 

そしてモクテガムが帰る日。

ラオンは一緒に連れていかれます。

 

そこにヨンが来てテガムを止め、剣を向けて「内官は置いていけ」と言うんですが、

ヨンイジョンに止められてしまいます。

ラオンは「我慢するなとおっしゃいましたね?セジャ様は我慢すべきです。清に行きます」と泣きそうになりながら言います。

 

ラオンは連れていかれてしまいました!

 

道中モクテガムは闇取り引きに向かいます。

するとそこにビョンヨンとヨンが!

そしてユンソンは清のお偉いさんを連れてきていました。

 

ユンソンはビョンヨンに地図を渡し、ここで捕まえる用意をしていたんですね~

最後にテガムの前に現れたのは、ヨンの時間稼ぎでした!

 

そしてラオンを助けに行ったヨン。

縄を解き「帰るぞ。もう何も起きない」と言われ、泣き始めるラオン。

「見えないと腹が立つ。だからそばにいろ」

ビョンヨンと3人で皇宮に帰ります。

 

雲が描いた月明り6話 感想

雲が描いた月明り6話の感想です。

男だとわかったから?

ヨンは急にラオンに冷たくなってしまいましたね。

でもヨンはラオンが気になるみたいな(笑)

 

やっぱりどうしてもラオンが気になってなかなか集中できないような感じ。

それでさらに医者まで呼ぶなんて!

さらに医者から恋してるって言われるとか!めっちゃ笑いました。

 

ラオンがモクテガムの部屋に行かされ、脅されているところにヨンが来たのはカッコよかったですね!

まさかこんないいタイミングで助けに来てくれるなんて、まさにヒーローです。

マ内官はホントに要らないことしてくれました(^^;

 

もう幽閉されてしまって可哀想じゃないですか~

でもあの幽閉された姿はガッツリ女の子でしたね。

 

6話ではヨンももちろんカッコよかったですが、ユンソンもカッコよかったですね~

ラオンの秘密を知ってしまったマ内官に、なんと銃まで持ち出させるなんて!

脅しが笑顔でめっちゃ怖かったです(^^;

ここまでラオンのためにするなんてビックリですよね~

スポンサーリンク