ドラマもいよいよ大詰め!「麗(レイ)花萌ゆる8人の皇子たち」の17話を動画視聴したので、

あらすじ・ネタバレを紹介!

 

麗(レイ)花萌ゆる8人の皇子たちの16話では、

しばらく留守にしていたソやジョンも皇宮に戻り、現皇帝であるヨは完全に精神状態が狂っていました。

そんな皇宮にジモンは好機だと言い、ソの謀反の背中を押します。

スポンサーリンク

麗(レイ)花萌ゆる8人の皇子たちの17話 あらすじ・ネタバレはこちら!

「お前がいれば皇位などいらぬ、そういってくれると思ってた」

とハジンは言いますが、ソは兄弟たちが争わないため、もっと平和な世の中にしていきたい、そんな気持ちでソは「絶対に皇帝になる」と言います。

ハジンは未来を変えられないみたいですが・・・

麗(レイ)16話のあらすじ・ネタバレはこちら

麗(レイ)花萌ゆる8人の皇子たちの17話、あらすじ・ネタバレはこちら!

政権交代!ついにソが皇帝に!

「ワン・ソが責めてきた!」

ソは城に攻めてきました!

 

そのころヨにお茶を運んでいたハジンは、手が震えています。

ヨは、「兄弟を殺してでも皇帝になろうとしたのは、お前がソの傷を隠したからだ」

と、ハジンが悪いみたいな言い方をします。

 

ユ氏がそこへ急いで来ました!

ソが攻めてきたので、ジョンを皇帝にしてヨの命を守ろうとします。

が、ヨは「皇帝でない息子は用なしか?」「ソの気持ちがわかる」

と言い、ヨはユ氏を部屋から追い出してしまいました。

 

一方ファンボ氏は、ヨナに全ての決定権を与え、ヨナが天下を取りたいならば全てを捨てる。

そしてウクまでも・・・

このタイミングでヨナに今後の身の振り方を決定させます。

 

そしてヨナは城を血が流れないように明け渡すと、ソを手伝うのです!

 

ヨとユ氏を見ていたハジンは部屋から出ようとします。

しかしヨは「お前のせいだ!お前が邪魔をしたせいで!」

と突き放します!

 

ヨは最後に書状を残し、それをハジンに渡そうとしますが、

なんと苦しみ、胸を押さえて倒れてしまいます!

 

そこでソが部屋に入ってきて、ハジンの目の前でヨが書いた書状を破り捨てます。

 

ユ氏、ジモンが部屋に入ってきて、ヨの倒れた姿を発見!

ソは「私に禅位を」と言い、とうとうソが皇帝になりました!

 

ハジンは皇帝になったソを見て、「血の君主にはさせない。私が力になります」と心の中で思うのです。

 

ファンボ氏はウクに「お前は変わってしまった。いっそ王室から離れろ」と言われてしまいます。

ウクはソが反乱を起こしている間、ソの手の者につかまっていたようです。

 

ヨナは「兄上の無念を晴らします。今度は私が重荷を背負います。ですから力を貸してください」

とウクに言うのですが・・・

 

皇帝になったソ

ソはさっそくペガと一緒に皇帝としての仕事をします。

仕事が終わり、ハジンが待っていると聞き、部屋に戻ったソとペガ。

3人で夜ご飯を食べます。

 

かしこまるペガに「兄と呼べ」と言うのですが、ペガは「陛下」と硬い感じ。

なのでハジンがしかけ、場を和まします。

 

ソが眠っているのを嬉しそうに見るハジン。

しかしソが「へ・ス!」と急に起きて「いなくなったかと」

悪い夢でも見ていたようです。

 

帰るというハジンに「ここで一緒に寝ればいいだろ」と、一緒に寝ようとしましたが、

「よからぬ噂がたってはいけませんから」と言います。

ソはハジンを止め「ここにいてくれ」と頼んだソ。

 

結局朝になるまでハジンはそこに。

 

チェリョンが急いでい呼びに来ました!

ハジンはユ氏から呼ばれています。

 

「聞きたいことがある」

と、ヨの遺書のことを聞かれてしまいます。

ヨが本当にソに禅位したのかを聞いてきました。

 

そこへソが入ってきてユ氏を止めます。

そしてジョンとユ氏の前で堂々と嘘を!

そしてユ氏は「息子の皇位を盗んだ盗人め」と言い、さらに企てがあるみたい。

 

ソはジモンに「王位継承に関わりあるものを全て殺せ」と命令します。

 

ウヒとペガは??

ウヒは、ソが遺言をでっち上げたと噂を流している主のところへ。

ウヒは「お前がソ皇子とペガを監視していたと明かす。道連れだ」と言われてしまい、勢い余って殺してしまいます!

 

そのことでモヤモヤしているウヒ。

そこへペガが来て「ご両親に申し訳ないことが。婚姻の前に豪族の養女になってもらいたいのだ」

と言われ、ウヒは「私たちは一緒にいてよいのか?」と不安に。

「お前は悪くない。幸せになろう」とペガはウヒと結婚するつもりです。

 

大将軍パク・スギョンは里に帰りたいとソに行ってきます。

「行くな」と止めるのですが、娘のことを思い出すのでまだツライという大将軍。

「聖君になってください。何があってもです」

と言って皇宮から去っていきます。

 

皇帝になったことでみんな自分の見る目が変わったと言うソ。

「寂しい」というソにハジンは「私がいます」「私は離れません」と言って寄り添います。

 

チェリョンはは女官が解放されるので皇宮においてほしいとハジンにお願いします。

ウォンが裏でチェリョンに近づいていて「タミウォンに残れねば」と言っています。

これは、チェリョンをウォンが利用し、これからもし続けていくみたいですね。

 

ジョンはソに反発します!

ジモンに「ユ氏ほどの豪族を味方に付けなければ」と言われますが・・・

 

ウクと顔を合わせたハジン。

ウクと2人きりで話します。

 

「とうとうヤツを選んだ」「理解できない」とウクが言い、

「あの方は正直です」とハジン。

 

「なぜそなたは私が皇帝になれないと思うのだ?」

「ソ様は皇帝の星をお持ちです」「運命です」

「星ごときのせいだと?運命?」

と言って部屋に帰っていきます。

 

昔を思い出しているウク。

ハジンにあげた腕飾りを眺めていましたが、それを壊してしまいました!

 

「皇后になる」「全てを奪われたりはしない」

と、ヨナに言い、ヨナは笑みを浮かべます。

 

ハジンとソは結婚できない!?

2人で楽しそうに過ごすハジンとソ。

「何かありましたか?」というハジンに

「いいや何もない」「いちいち探るな。婚姻前からそうでは逃げたくなる」と誤魔化すソ。

 

「婚姻?いつが良い?いつでもいいぞ」と言うソに

「そんな求婚は嫌です」とハジン。

「まずは求婚で満足させなければいけないのか」とソは楽しそうです。

 

医者に診てもらったハジン。

医者は膝が悪いのと、心が疲れていてそれが体を蝕んでいることを言われます。

そしてハジンは余命を聞きますが・・・

 

「あの方ともっと一緒にいたいのです」余命10年と聞き、石の塔へ祈ります。

すると後ろからジョンが来て「優しかったジョン様を友達に戻してください」とさらに追加。

ジョンは「誰の味方でもないと言ったのに。ソ兄上の味方だった。裏切りだ」

 

「怒りの矛先をお忘れなく」

「だが皇位をめぐる争いはソ兄上が来て激しくなった」「そなたが心配だ。皇后になれるのか?」

「皇宮に嫌気がさしたら私に言ってくれ。どうにかしてやる」

と今だハジンに優しいジョン。

 

ソのところにウクが来ました。

「臣下を代表してきました」

と言い、政治に口を出してきました。

 

そして「ファンボ家から婚姻を申し入れます」とウク!

 

ハジンのところにはヨナが。

「婚姻は出来ぬゆえ、お世話することなら許そう」「私は陛下と結婚する。私は皇后になる」

と言ってきました。

 

ソは「婚姻を誓ったものがいる」と言います。

「へ・スですか?皇后になれません」「体に傷があれば皇帝の妻にはなれません」

とウクから言われてしまいますが・・・

 

日本語吹き替え・字幕どちらでも動画視聴できる!!

新作じゃなければ借り放題のTSUTAYAディスカスが今だけ期間限定の30日間無料でお試しできる(^^♪

DVDと動画配信があるから家から出なくても家族全員で利用OK!!

↓ ↓ ↓ ↓

麗(レイ)花萌ゆる8人の皇子たちの18話の展開は?

ウクからハジンとソが結婚できない理由を言われ、

ソは反発!

そしてジモンもハジンにソを説得するように頼まれてしまい・・・

 

ハジンはもちろんソと結婚したいし、ソももちろんハジンと結婚したいです。

しかし政治のことも絡んできて・・・

 

どうなる18話!

ハジンとソは幸せになれないの??

麗(レイ)18話のネタバレ・あらすじ

麗(レイ)花萌ゆる8人の皇子たちの動画視聴はこちら!

スポンサーリンク